【ポルトガル 0-0 オーストリア|採点&寸評】酷評を免れないC・ロナウド 記念の試合で「4.5」

カテゴリ:国際大会

中野吉之伴・熊崎 敬

2016年06月19日

重苦しい空気のままハンガリーとの最終戦へ。

警告:ポ=カレスマ(31分)、ペペ(40分) オ=ハルニク(47分)、フクス(60分)、ヒンターエッガー(78分)、シェプフ(86分) SOCCER DIGEST

画像を見る

安定感が抜群だったのが、このペペだ。鋭いパスカットからの持ち上がりなど、状況を打開しようとするアグレッシブな振る舞いも。 (C) Getty Images

画像を見る

【ポルトガル|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 5.5

圧倒的に押し込みながらエース、C・ロナウドのPK失敗が響き、悪夢のドロー。重苦しい空気のままハンガリーとの3戦目を迎えることになった。
 
監督 フェルナンド・サントス 5.5
カレスマの先発起用で攻撃を活性化させたが、結果は出なかった。3枚の交代は、いずれも目立った効果がなかった。

【PHOTOギャラリー】C・ロナウド、痛恨のPK失敗。ポルトガル攻め切れずドローに終わる
 
【ポルトガル|選手 採点&寸評】
GK
1 ルイ・パトリシオ 6

味方が終始押し込んでいたため、プレー機会は少なかった。48分にイルザンカーのシュートをナイスセーブ。
 
DF
11 ヴィエイリーニャ 6

攻撃面での活躍は少なかったが、42分に許したFKではファーサイドのポスト近くで際どいクリアを見せ、ピンチを救う。
 
3 ぺぺ 6.5
1対1の守りでも、つなぎでも安定感を見せる。危ないシーンはほとんどなかった。
 
6 リカルド・カルバリョ 6.5
鋭い読みを活かしたパスカットと、ボールを奪ってからの確実なつなぎで攻守に貢献した。
 
5 ラファエウ・ゲレイロ 6.5
積極果敢に攻撃に参加。21分には抜け目なくペナルティーエリア左際に潜り込み、C・ロナウドに決定的なパスを送る。豊富な運動量が目を引いた。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ