【イタリア 1-0 スウェーデン|採点&寸評】ともに攻撃が低調だった一戦…高評価はイタリア守備陣と決勝点のエデル

カテゴリ:国際大会

豊福 晋・井川 洋一

2016年06月18日

攻撃は単調で内容も良くなかったが、守備の堅さは相変わらず。

警告:イ=デ・ロッシ(69分)、ブッフォン(90+3分) ス=M・オルソン(90分) (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

前節に続き、圧倒的な堅守ぶりを見せ付けたイタリアのDF陣。混戦でも相手にボールを渡すことなく、枠内シュートも許さなかった。写真はキエッリーニ。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【イタリア|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 5.5
4-4-2で統制された、2枚の守備ラインを作って守るスウェーデンに手を焼く。前線の柱ペッレが抑えられて縦パスが入らず、攻撃は単調に。サイドも高い位置を保てずに相手守備陣を崩せなかったが、ワンチャンスを決めるところはさすがだった。
 
監督 アントニオ・コンテ 5.5
前半からサイドに開けと指示を続けるも、効果的な攻撃が展開できず、内容は決して良くなかった。しかし、エデルを交代させずに最後まで起用し続けた判断などは、評価材料にしたい。

【PHOTOギャラリー】イブラも封殺した「カテナチオ」。エデルの決勝弾でイタリア2連勝!
 
【イタリア|選手採点&寸評】
GK
ジャンルイジ・ブッフォン 6
特にピンチもなく、90分間を通して無難に仕事をこなした。
 
DF
15 アンドレア・バルザーリ 6
ボヌッチとの連係は完成されており、相手の2トップをエリア付近に寄せ付けず、与えられた仕事は完璧にこなした。
 
19 レオナルド・ボヌッチ 6.5
28分、セットプレーの場面でイブラヒモビッチに最後まで身体を寄せ、繋ぎでも縦パスを狙うなど、初戦に続いて好プレーを披露。
 
ジョルジョ・キエッリーニ 6.5
セットプレーでイブラヒモビッチのマークを務めたが、フィジカルで負けず、グイデッティの動きもしっかりとケアした。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ