ハリルは才能重視? 宇佐美、浅野の招集に見るアタッカーの選定条件

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年05月28日

大久保だけでなく、4月月間MVPの李も未招集。

ハリルホジッチ監督は宇佐美の才能に惚れ込んでいる。これまで必ず招集している事実からは、そうした側面も見えてくるだろう。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグの歴代最多得点記録を更新中の大久保ではなく、4月のJ1月間MVPに輝いた李でもなく、浦和の最前線で奮闘する興梠でもない。ハリルホジッチ監督はコンディションに関係なく、宇佐美が国内でもっとも才能豊かなアタッカーだと信じて疑わない。
 
 キリンカップのメンバー発表の席でも、宇佐美については次のようにコメントしている。
 
「何回か喋っていますし、付け加える必要はないかと思います。国内では、最も能力の高い選手だと思っています。彼とは本当に我慢ですね。もっとやってほしいし、私の要求を彼は完璧に知っているはずです」
 
 コンディションにはまったく言及せず、もはや常套句となった「我慢」のひと言。いずれその才能が大きく開花していると信じているからこそ、ハリルホジッチ監督は日本代表監督に就任以降、宇佐美を必ず呼んでいるのだろう。
 
 宇佐美は今季J1の13節まで12試合に出場して、わずか2ゴール。この結果だけで判断すれば、代表に呼ばれるのが不思議との見方も否定できない。

 結果よりも重要なもの──。
 
 もしかすると、宇佐美よりも若く、才能に溢れたアタッカーが出てくれば、その若手選手を重宝するかもしれない。欧州組はともかく国内組に限って言えば、ハリルホジッチの〝才能重視″は、広島でもU-23代表でも不動の地位を築いていない浅野を招集した事実からも窺えるだろう。
 

5月26日発売号のサッカーダイジェストは、オーバーエイジ特集。果たして、リオ五輪のオーバーエイジ候補は誰なのか? 本命、対抗、大穴で予想してみました。またU-23日本代表企画では「残り15枠を巡るサバイバル」に迫り、6月復帰予定の室屋選手(FC東京)にインタビュー取材。クラブダイジェストでは、J2で好調の札幌を取り上げています。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ