【浦和始動】「誰も知り合いがいない」京都から加入した駒井善成が、最初にコンビを組んだ相手は…

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年01月15日

ステップを踏む練習では、ズラタンから丁寧に教わる。体幹トレーニングは「初めてだったので、正直、きつかった」。

ボール回しをする練習では、駒井(右からふたり目)から笑みもこぼれた。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

13日の新加入記者会見では、ユニホーム姿も披露(右からふたり目)。 写真:徳原隆元

画像を見る

 1月15日に大原練習場で始動した浦和のメンバーのなかで、初々しい表情を見せたのが駒井善成だ。
 
 生まれも育ちも古都・京都。小学4年のジュニア時代から昨季まで13年間在籍したクラブを離れ、「まさに第二の人生が始まると言っても過言ではない」という浦和への移籍を決断した。
 
「誰も知り合いがいない」なかで迎えた新天地での初日、ウォームアップや体幹のトレーニング時には、周りをキョロキョロ見ながら取り組む姿も見られた。細かくステップを踏む練習では、ズラタンから丁寧にやり方を教わっていた。
 
 この日のメニューは軽めで、身体(筋肉)に刺激を与えることに重きが置かれた。ペトロヴィッチ監督は「オフ期間が短かったので、特に昨季フルで1年間プレーした選手については、今後は慎重に観察しながらトレーニングさせたい」と語っていた。
 
 駒井の緊張した表情がほぐれたのが、ランニングの時だった。最初の軽めのジョギング、この日最後に組まれた10分間2本のランニングで、一緒に走ったのはひとつ年上の高木俊幸だった。
 
 20分間会話をしたまま走り、さまざまな“情報交換”をしたそうだ。
 
 初日の練習を終えて、駒井は次のように語っていた。
 
「(初練習前のさいたま市内にある調(つき)神社を訪れての必勝祈願では)しっかり怪我なく、今後活躍できるようにとお祈りしました。(初練習は)雰囲気が良くて、みんな仲が良く、楽しみながら1日を終えることができた。すぐ、みんなが声をかけてくれて、いろんなことを喋れました」
 
「体幹を鍛えるトレーニングなど戸惑っていたようだが?」との記者の質問には、「前にいたチームでは、体幹のトレーニングはやっていなかった。やらなければいけなかった部分だし、自分のためにもなる。ただ、正直きつかったです(笑)」
 
 高木の弟である高木大輔(東京V)が顔見知りであることが話をするキッカケになった。駒井によると、「身の回りのこと、どのあたりに住むことになったか、レッズでのことなど……」話題は多岐にわたった。
 
 一方、高木は駒井の印象について、「去年1年間の流れなど自分が知る限りのことを伝えた。それにお互い子どもが小さいので、家族のことなども話した。(駒井は)割と気さくで明るいから、チームには早く馴染むと思う。去年の僕でもすぐに溶け込めたから、間違いなく大丈夫でしょうね」と“太鼓判”を押した。
 
【関連記事】
【浦和始動】新背番号10を披露! 柏木陽介が決意を語る。「優勝して、『あの時の10番は柏木だったな』と言われたい」
【浦和/新加入選手記者会見】クラブ史上初のボーダー柄の新ユニホームで、イリッチ、駒井らが抱負を語る
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
【浦和担当記者の視点】なぜ、大一番で負け続けてきたのか? 「楽しむ」という言葉に抱いてきた違和感
【リオ五輪予選】パターンは残り8つ!? リオへの鍵を握る“手倉森ジャパン”のセットプレー

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ