【J1ベストイレブン】柏木&阿部を圧倒したレオ・シルバがMVP!決勝点の遠藤、城後、大久保らを選出|1st・12節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年05月18日

レオ・シルバが”95分間”フル稼働。天敵・浦和を相手に中盤で絶大な存在感。

【1stステージ12節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは5月13・14日に、第1ステージ12節の9試合を行なった。上位では、首位の浦和が新潟と引き分け、神戸を破った川崎が暫定1位に。下位では、湘南を下した福岡が最下位を脱出した。ここでは、12節の9試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 
【選出理由】
 今節のMVPは、アウェーの埼玉スタジアムで一際輝きを放ったレオ・シルバだ。過去19戦勝ちなしと相性の悪い浦和相手に、中盤で絶大な存在感を発揮。非凡なボール奪取力や配球センスを披露し、アディショナルタイムを含めた”95分間”を疾走し続けた。
 
 このブラジル人のほかに中盤で目立ったのは、G大阪の遠藤や川崎の中村、鳥栖の高橋だ。遠藤は磐田とのホームゲームで決勝点を挙げ、ホーム公式戦6試合ぶりの勝利に貢献するなど大きなインパクトを残した。
 
 SBは、攻撃面で存在感を示した川崎のエウシーニョと、福岡の亀川が出色の出来。CBコンビは、名古屋のシモビッチと互角に渡り合った甲府の土屋と、浦和の攻撃を撥ね返した新潟の増田を選んだ。
 
 前線はベストイレブンの常連と言える川崎の大久保に加えて、最下位を脱出する勝点3を手繰り寄せた福岡の城後をエントリー。GKは再三の好セーブでクリーンシートに貢献した柏の中村が、文句なしのベストイレブンだ。
【関連記事】
本田圭佑の今夏の去就は? セリエAの新潮流に乗り、MLS挑戦も視野に入るか
岡崎はビッグクラブで輝けるか? イギリス”3大都市”の番記者がジャッジ
【J1優勝争い】川崎、浦和、鹿島の三つ巴。「対戦相手」「日程」「陣容」「シュート得点率」「被シュート失点率」を徹底比較
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「今シーズンのチーム総括。9得点・7アシストの香川はベストプレーヤーのひとりだ」
【浦和】三菱マークが消える? レッズが直面する3つの問題を改めて整理する

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ