【J1展望】1stステージ・11節|大宮 - 浦和|上位対決の“さいたまダービー”は両者のプライドを懸けた熱戦必至!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年05月07日

大宮――たとえ首位相手でも戦い方に変化はなさそう。正面からぶつかる!

故障者/大宮=播戸、渡部、清水、黒川、藤沼 浦和=永田
出場停止/大宮=なし 浦和=なし

画像を見る

J1リーグ1stステージ・11節
大宮アルディージャ – 浦和レッズ
5月8日(日)/16:00/NACK5スタジアム大宮
 
大宮アルディージャ
1stステージ成績(10節終了時):5位 勝点18 5勝3分2敗 12得点・11失点
 
【最新チーム事情】
●7日の練習は久しぶりの非公開。緊張感を高めてダービーに臨む。
●前節・福岡戦を欠場した主力選手はコンディションの良さを見せる。
●GWのため練習場には普段より多くのサポーターが駆け付け、ダービーへの期待をチームに伝えた。
 
【担当記者の視点】
 首位・浦和に対して、大宮は5位。リーグ戦10試合を終えた段階で上位争いに食い込んで“さいたまダービー”を迎えることができた。過去を紐解けば、決して相性は悪くない。ただ、最後の対戦となった14年シーズンはホーム、アウェーともに「完敗」と言える内容。また、これまでは対戦時の成績で浦和に大きく引き離されていることが多かった。
 
 今回の対戦は単なるダービーではなく、上位争いという側面も孕んでいる。大宮としては過去の対戦とはひと味もふた味も違うチームであることを証明したいところだ。
 
 前節・福岡戦ではメンバーを入れ替えながら2-1で勝利。フィジカルコンディション的にも、流れ的にも良い状態で戦いに臨める。なかでも注目は、やはり家長だろう。「(2年前に味わった)悔しい気持ちはいつも忘れていない」と語るエースは、雪辱を晴らすために強い気持ちでこの一戦に臨む。攻撃はこの男のパフォーマンスに大きく左右されるだけに、活躍を期待したい。
 
 クラブの軸がしっかりしている今季は、14年シーズンと違って、たとえ浦和相手でも戦い方を大きく変えるとは考えにくい(2年前はミラーゲームを挑むも、押し込まれて5バックのまま時間だけが経過した)。また、戦力も整っているぶん、起用法は良い意味で読めない部分もある。プライドを懸けて、一丸となって全力で挑み、首位に肉薄したい。
【関連記事】
【J1採点&寸評】福岡×大宮|勝負を分けたセットプレーとミス。互角の内容も緻密さで大宮が上回る
【ACL採点&寸評】浦和×浦項|ようやくデビューのイリッチはまずまずの出来。「3枚同時替え」は実らず、グループ2位通過に。
【大宮】猛攻を耐え切った先に――冷静さを失わない加藤順大の好セーブが勝点1を引き寄せた
【大宮】得点に飢えている男――横谷繁が選択したパスの意味
【浦和】韓国人選手の「許されない行為」で乱闘寸前に。笑顔の守護神・西川周作が大激怒

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ