【大宮】猛攻を耐え切った先に――冷静さを失わない加藤順大の好セーブが勝点1を引き寄せた

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2016年05月01日

15本のシュートを浴びたが、ついぞゴールネットは揺れなかった。

「良い準備ができていた」。加藤が見せたビッグセーブの数々は、集中力の高さと冷静さが生んだものだった。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 勝点2差の6位(大宮)と3位(鹿島)の戦いにしては、あまりにも一方的。シュート数は2対15。後半に至ってはアウェーチームの7本に対して、ホームチームはゼロ本。大宮はほとんどの時間を自陣で過ごし、スコアボードが最後まで「0」のまま動かなかったのが不思議なくらい、鹿島は分厚い攻撃を見舞った。

 そんな展開でひときわ輝き、主役へと躍り出たのが、「今日のパフォーマンスは胸を張れる」と堂々と言い放ったGKの加藤順大だった。「今日は個人としてもチームとしてもレベルが高い相手との試合。ピンチはあると思って常に準備していた」ことがビッグセーブ連発につながったのだろう。

 まずは40分、金崎がペナルティエリア左から放ったクロスともシュートとも取れるボールに反応して、弾き出す。だが、これは序の口に過ぎなかった。見せ場の多くは後半、押し込まれ続けたなかで幾度も生まれる。

 49分、ペナルティエリア右でこぼれ球を拾った鹿島の遠藤が、守備陣とGKのタイミングをズラすように、一呼吸おいてから狙いすましたシュートを放った。思わず感嘆の声が漏れるようなコース、スピード。だが、「良い準備ができていた」背番号1は事もなげにセーブして見せた。

 さらに、相手をすべての面で上回ったのが72分だ。左サイドから右サイドへ、オフサイドラインを気にしつつ移動してきたカイオに、植田から文句のつけようのないフィードが供給される。トラップ良し。ボールは足もとに入り過ぎず、しっかりとコントロールできた。身体を当ててきた大宮の河本を逆にグラつかせて、残るはGKのみというシチュエーション。

 これも1点ものだった。だが、加藤に焦りはなかった。タイミング良く距離を詰めると、冷静にコースを切る。少し大袈裟に表現するならば、この時点で既に決定機は決定機でなくなっていた。ゴールするためのポイントがない。そうして、カイオの放ったシュートは加藤の右腕に当たり、ボールはピッチを転がっていった。

「相手が(自分が)先に動くのを待っているのが分かった。だから最後まで動かず、しっかりとボールを見て対応した」(加藤)
【関連記事】
【J1採点&寸評】大宮×鹿島|終始押し込まれる展開を耐えに耐えた大宮が勝点1をもぎ取る
【J1】"攻める"鹿島と"守る"大宮。互いに持ち味を出し合い痛み分けのドローに
【大宮】得点に飢えている男――横谷繁が選択したパスの意味
【大宮】J2王者がJ1王者に突き付けられた現実。チャンピオンの“授業”を復習せよ
【大宮】守り切った先の勝点3。だが、明らかに質の違う“忍耐”がピッチにあった

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ