• トップ
  • ニュース一覧
  • 【神奈川ダービーの舞台裏】 PKの心理戦――「先に動かず我慢」した村山に、カイケは「右に蹴ろう」と即決した結果…

【神奈川ダービーの舞台裏】 PKの心理戦――「先に動かず我慢」した村山に、カイケは「右に蹴ろう」と即決した結果…

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2016年05月01日

小刻みに足踏みしたカイケは「GKが先に動かないと分かった」。

パウリーニョのハンドで得たPKのチャンス。キッカーのカイケ(9番)は右を狙ったが、GK村山(1番)に完璧にコースを読まれて痛恨の失敗……。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 リーグ初勝利を目指す湘南にとっては最大のピンチ、0-1で負けている横浜にとっては同点に追いつくこの日一番のビッグチャンスだった。

【横浜 0-1 湘南 PHOTO】湘南が神奈川ダービーを制し今季リーグ戦初勝利
 
 69分、左サイドから中に切れ込んだ齋藤がシュートを狙うと、放たれたボールはエリア内にいたパウリーニョの左手をヒット。主審は横浜側にPKを与え、パウリーニョにはイエローカードが提示された。
 
 横浜のキッカーは“名手”中村ではなく、途中出場のカイケ。ボールを齋藤から受け取り、PKスポットにセットする。
 
 そして、助走の中で少しだけ小刻みに足踏みした後、ゴールに向かって右側に思い切りシュートを放つ。しかし、GK村山の懸命なセーブの前に、ネットを揺らすことができなかった。
 
 カイケは潔く、自らの失敗を受け止めていた。
 
「いつもトレーニングでやっていることを、PKのシーンでもやろうとしたけど、今日は止められてしまった。相手のGKは、プロとして守るべきものがあるなかで、自分の仕事をしっかりとこなした。PKを止められたのはこれが初めてではないし、最後でもないと思う。残念ながら、サッカーでは起こりうることが起きてしまった」
 
 カイケはまず、村山の出方をうかがった。助走で小刻みに足踏みして時間をかけたのも、その狙いがあったからだろう。その結果、「GKが先に動かないと分かった」(カイケ)。
 
 それならば――カイケはすぐに決断する。「右に蹴ろう」と。
 
 ほんの数秒のことだったが、一切の迷いはなかった。ただ、悔やまれるのは自分の間合いに持ち込めなかったことだ。
 
「タイミングが(村山と)合ってしまって、GKが飛んだ方向にちょうどボールが行ってしまい、相手にとって良い結果になってしまった」
 
 心理戦でもあるPKの駆け引きを制したのは、湘南の守護神だった。
 
 前節の大宮戦では、80分に家長にPKを決められ、0-1の敗戦。止めていれば勝点1を得られたかもしれない場面で、ヒーローになれなかった。しかし今回は、自らのセーブで“勝点3”を死守。文字通り、勝利の立役者となった。
 
「自分の間合いに上手くハメることができたのかな、というのはある」
 
 村山はなぜ、カイケとの一騎打ちに勝つことができたのだろうか――。
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜 0-1 湘南|PKのピンチに守護神・村山が神セーブ! 高山の1点を守り切った湘南が待望の今季初勝利!
【順位表】4連勝の柏が4位に浮上。大宮5位、磐田が6位と昇格組が健闘
【写真検証】G大阪対川崎戦で起きた“誤審疑惑”。あれはPKか否か――?
【川崎】宇佐美と乱闘騒ぎの大久保。「肘が当たって血が出ていた。相当、痛そうだったね」
【FC東京】福岡にも敗れ、公式戦で5試合白星なし。今のチームは攻撃も守備も強みと言い切れない“中途半端なチーム”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ