• トップ
  • ニュース一覧
  • 「今日は4人のために...」町田の平河悠、横浜戦後に負傷離脱選手のユニを着た意味は?「批判の声もたくさん聞こえてきた」

「今日は4人のために...」町田の平河悠、横浜戦後に負傷離脱選手のユニを着た意味は?「批判の声もたくさん聞こえてきた」

カテゴリ:Jリーグ

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年06月16日

「黙らせる意味でも今日は勝って良かった」

平河(左から1人目)が横浜戦にかけた思いを明かした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 FC町田ゼルビアは6月15日、J1第18節で横浜F・マリノスと敵地で対戦。先制される展開も昌子源、藤尾翔太、下田北斗のゴールで3-1の逆転勝利を収めた。

 U-23日本代表のアメリカ遠征から帰国したばかりの平河悠は、この試合にさっそく先発して終了間際の90+6分までプレー。左サイドから果敢に仕掛けて多くのチャンスに絡むなど、過密日程の疲れを感じさせない好パフォーマンスを披露した。

「時差ボケもほとんどなかったし、昨日も思ったより寝れた。身体のキツさはそこまで感じなかったので、試合にも集中して入れましたし、自分のプレーっていうのは、いつも通り出せた試合なのかなと思います」(平河)
【動画】下田の華麗な直接FK弾!
 町田は12日、天皇杯の2回戦で筑波大と対戦し、PK戦の末に敗戦。平河は4人の負傷者が出た試合を、アメリカから帰る飛行機の中だったため帰国後に確認したと明かし、思いをこう語った。

「後々見て、やっぱり思うところもあるし、4人怪我人が出るような試合っていうのは、歯がゆいものもあります。今日はその4人の分まで、気持ちを入れて入りましたし、大学生相手に負けたという事実は変えられない。そういう批判の声もたくさん聞こえてきたし、自分たちは本当にサッカーをただやっているだけなので、黙らせる意味でも今日は勝って良かったと思います」

 横浜戦後にはピッチで、バスケス・バイロン、福井光輝、池田樹雷人とともに怪我で離脱した4人のユニホームを着用した。

 平河は「今日は4人のためにと言ったらあれですけど、ベンチ外メンバーの人の分もそうですけど、結構、長期離脱の人もいて、いつも以上に思いの入った試合だった」と強調。公式戦3試合ぶりの勝利の喜びを噛みしめた。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】「SNSを見ても町田が出てくるんで…」バスケス・バイロンが天皇杯敗戦後の“厳しい声”に思い。「選手みんなで話もしました」
 
【関連記事】
「町田は決して悪ではない」負傷者続出で苦言の黒田剛監督、姿勢を貫く決意を表明「日本サッカー界に必要なパワーだと思う」
「SNSを見ても町田が出てくるんで…」バスケス・バイロンが天皇杯敗戦後の“厳しい声”に思い。「選手みんなで話もしました」
「せこいとか言われそうですけど(笑)」町田MF下田北斗はなぜFKの位置を自ら下げた?「壁を越えればいけるかなって」
負傷者続出の町田、「“戦闘サッカー”論争が起きている」と韓国報道「非紳士的なプレーに怒りをあらわにし、議論はヒートアップした」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ