• トップ
  • ニュース一覧
  • 「SNSを見ても町田が出てくるんで…」バスケス・バイロンが天皇杯敗戦後の“厳しい声”に思い。「選手みんなで話もしました」

「SNSを見ても町田が出てくるんで…」バスケス・バイロンが天皇杯敗戦後の“厳しい声”に思い。「選手みんなで話もしました」

カテゴリ:Jリーグ

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年06月15日

「監督がたぶん選手のことを思って」

横浜戦後、バスケス・バイロンが天皇杯の筑波大戦を振り返り、思いを述べた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 FC町田ゼルビアは6月15日、J1第18節で横浜F・マリノスと敵地で対戦。3-1で逆転勝利を収めた。

 町田は12日、天皇杯の2回戦で筑波大と対戦し、PK戦の末に敗戦。この試合では、町田に4人の怪我人が出るなど、お互いにヒートアップし、荒れた試合展開となったが、横浜戦後にバスケス・バイロンがこの試合を振り返り、思いを述べた。

「悔しかったです。いろんなアクシデントあったんですけど、正直に言っちゃえば、僕たちも決め切れるチャンスはありましたし、負けたのも自分たちのせいだというのは選手もみんな受け止めるしかないです」
【動画】下田の華麗な直接FK弾!
 続けて、町田に対するSNS上での厳しい声にも触れ、次のように語った。

「あと、監督がたぶん選手のことを思って、あのようなことを言ったと思うんですけど、あれでこの2日間ぐらい、SNSでも町田に対する批判があった。それは選手みんなで結構話もしましたし、『町田すごいね』みたいな。SNSを見ても町田が出てくるんで。

 僕たちも、もちろん見苦しいんですけど、僕たちだけじゃなくて、やっぱり一番はサポーターが、自分の応援しているチームがあんなに批判されてたら、たぶん辛い思いをするだろうなと思っていて、ちょっと複雑でした」

 様々な感情を胸に潜めながらも、横浜戦ではサポーターのために最後まで走り抜き、アウェーで勝点3を獲得した。

 バスケス・バイロンは「みんなでこのマリノス戦で、怪我した選手の分もそうですし、やっぱりサポーターのためにも。(天皇杯で)負けてしまって、みんな悲しんでいたと思います。本当、勝ってみんなで喜べるっていうのはこれ以上嬉しいことはないですね」と喜びを露わにした。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】「J2やJ3の環境がものすごく悪い」吉田麻也がJリーガーの“最低年俸”導入を訴える「親御さんたちは、本当に気持ちよく送り出せますか」
 
【関連記事】
「せこいとか言われそうですけど(笑)」町田MF下田北斗はなぜFKの位置を自ら下げた?「壁を越えればいけるかなって」
「町田はまだまだ止まらない」今季初の逆転勝ちで決勝弾の藤尾翔太、代表帰りでも躍動!「出る以上、結果を残したかった」
筑波大戦で4人負傷。「我々にメッセージをくれた」と受け止める町田の黒田監督が横浜戦に意気込み「彼らの無念な気持ちを選手たちが心に秘めて戦わなければならない」
「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ