• トップ
  • ニュース一覧
  • 現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「ゲッツェの復帰と香川の放出はイコールではない」

現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「ゲッツェの復帰と香川の放出はイコールではない」

カテゴリ:連載・コラム

マルクス・バーク

2016年04月29日

多くのファンは「あの敗戦は良い方向に転がった」と…。

リバプール戦後の3試合でいずれもハイパフォーマンスを見せた香川。トゥヘル監督の期待にしっかりと応えている。(C)Getty Images

画像を見る

 ヨーロッパリーグ準々決勝でドルトムントがリバプールに敗れた後、ドイツではこんな議論が繰り広げられた。
 
「この敗戦は、ドルトムントに悪影響を与えるか?」
 
 あれから2週間、多くのファンが「あの敗戦は良い方向に転がった」と言っている。
 
 そうした答えを導き出したのは、リバプール戦後のドルトムントが、30節のハンブルク戦、DFBカップ準決勝のヘルタ・ベルリン戦、31節のシュツットガルト戦の3連戦をいずれも3-0で快勝したからだ。私自身、3戦3勝は予想できたが、3試合すべてで完勝を収めるとは思ってもみなかった。
 
 喜ばしいのは、香川真司がこの3試合のいずれも先発フル出場したことだ。「それぞれの負担を調整しなければならない」という言葉をたびたび口にし、積極的にターンオーバー制を採用するトーマス・トゥヘル監督のやり方を考えれば、予期できなかった。
 
 それ以上に特筆すべきは、香川がいずれの試合でも素晴らしいパフォーマンスを見せたことだ。とりわけヘルタ・ベルリン戦はマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍で、チームを3年連続のDFBカップ決勝に導く立役者となった。バイエルンに5−2で勝った2011-12シーズン以来の優勝をもたらすのは、この男かもしれない。
 
 今週末にバイエルンの優勝が決まるはずであろうブンデスリーガでは、残り3試合はドルトムントにとって統計的な価値しか持たない。
 
 注目は、優勝した11-12シーズンに打ち立てた自身の最多勝点記録(81)を塗り替えられるかどうか(現在74)。また、ブレーメンが持つリーグ2位の通算勝点数(2228)の更新にも期待が懸かる。その差は、2ポイントだ。
【関連記事】
シュツットガルト戦で見えた、香川が得点を量産できている理由
【リーガ現地コラム】2試合連続4ゴールの快挙。絶好調スアレスの存在はバルサの逃げ切りに不可欠だ
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「混乱の極みにあるミランで唯一褒められる本田」
【アトレティコ・マドリー 1-0 バイエルン|採点&寸評】“らしさ”全開のA・マドリー! MOMは美技と献身的守備のサウール
【セリエA現地コラム】「エポックメーキング」な5連覇達成。ユーベの大逆転劇は、キャプテンの一喝から始まった――

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ