【プレミア現地コラム】レスターのラニエリ監督が涙? バックアッパーが誇示したチームスピリット

カテゴリ:連載・コラム

山中忍

2016年04月28日

TVカメラが捉えた指揮官は目を潤ませて。

スウォンジー戦の2点目を挙げたシーン。カウンターで左サイドを突破したシュラップからのボールを、右足で押し込んだ。 (C)Getty Images

画像を見る

「ウジョアがいる」
 
  レスターのクラウディオ・ラニエリ監督は即答した。ジェイミー・ヴァーディーが退場した34節のウェストハム戦(2-2)後、次節のゲームで最大の武器を出場停止で失う事態への対策を問われた時のことだ。
 
 ウェストハム戦のレオナルド・ウジョアは、後半からピッチに立って千金に値する同点弾をアディショナルタイムにPKで決めた。しかし、メディアはその活躍ぶりを称えるどころか、2位トッテナムに「チャンス到来」と騒ぎ立て、次節はラニエリ監督がスピードのあるウインガー兼サイドバックのジェフリー・シュラップをFWで使う可能性も指摘した。
 
 だが、続く4月24日のスウォンジー戦。レスターの前線には、岡崎慎司とコンビを組んだウジョアの姿があった。そして、2ゴールを叩き出して4-0の勝利に大きく貢献。国内各紙はウジョアをマン・オブ・ザ・マッチに選出した。
 
 60分、カウンター攻撃の際に自陣から必死に駆け上がったアルゼンチン人FWが、滑り込みながら伸ばした足でチーム3点目を押し込むと、TVカメラが捉えた指揮官は目を潤ませているようだった。両手を上げて喜ぶ仕草は、30分にウジョアがヘディングで2点差に広げた瞬間と同じながら、そのときのラニエリはうつむいて目をしばたたかせていた。
 
 本当に感極まったのだとすれば、それはウジョアが期待に応えたからではなく、監督として最も重視してきたチームスピリットを、リーグ戦では約4か月ぶりに先発起用された「交代役」が誇示してくれたからではないだろうか。
 
 当のウジョアは、「あの2得点は自信につながったけど、3ポイントを獲得できたほうがもっともっと重要だ」と語っている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ