• トップ
  • ニュース一覧
  • 見た目以上にキツく、地味な作業。それでも藤尾翔太と平河悠がハイプレスを敢行する理由。「疲労度は半端ないですよね?」との問いに2人は…【FC町田ゼルビア】

見た目以上にキツく、地味な作業。それでも藤尾翔太と平河悠がハイプレスを敢行する理由。「疲労度は半端ないですよね?」との問いに2人は…【FC町田ゼルビア】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年06月06日

「行っても行ってもハマらない時は…」

ハイプレスでの貢献も見逃せない藤尾(左)と平河。写真:塚本侃太(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 FC町田ゼルビアが5-0と東京ヴェルディに快勝した後、DFの昌子源はハイプレスの効果について次のように話した。

「フォワード2人、サイドの2人がハイプレスでパスコースを限定してくれて、ボランチの2人も積極的にボールを奪ってくれるから、後ろは守りやすいです」

 ハイプレスを継続的にやる。これは見た目以上にキツく、地味で辛い作業を実践している当人たちはどう考えているのかを知りたく、FWの藤尾翔太と平河悠に訊いた。「あのハイプレス、疲労度は半端ないですよね?」と。すると、藤尾が素早く反応してくれた。

「上手くハマっている時はそこまで疲労は溜まりません。ただ、行っても行ってもハマらない時や、行ってかわされるケースが増えると疲労度は高くなります」

 平河も藤尾と同じような感想を抱いていた。

「センターバック、キーパーが上手いと(ハイプレスがハマりにくくて)きついと思う時はあります」
 
 ただ、ふたりのプレッシャーがあるからこそ敵の攻撃は遅れるわけで、たとえかわされたとしてもそのハイプレスは決して無駄ではない。

 藤尾は言う。

「(黒田剛)監督に求められている仕事はしっかりとやります」

 平河も続く。

「ハイプレスをやってこその町田なので、サボらずやりたいです」

 彼らの献身的なスタンスが町田を首位に導く原動力の一部になっている。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)


【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
【関連記事】
FC町田ゼルビアの強さの源は? パリ五輪世代の藤尾翔太と平河悠に直球質問
「日本代表監督になったら面白い」鄭大世が正直にそう思った指揮官は? 「日本代表の弱点を突いたサッカーを徹底的にやっている」
「町田のサッカーが汚いとか文句を言っている人は恥ずかしい」元Jリーガーが警告「ルールの範囲で時間稼ぎをして何が悪いのか」
FC町田ゼルビアはなぜ強いのか。思い出された「黒田剛監督の組織論」。その根底にあるのは…
最悪なのは裸の王様状態。黒田剛がそれに気づくうえで重要だった青森山田時代「雑草抜きまでやってきた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ