FC町田ゼルビアの強さの源は? パリ五輪世代の藤尾翔太と平河悠に直球質問

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年06月06日

数字が物語る強さ

貴重なエピソードを話してくれた藤尾(左)と平河。写真:塚本侃太(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今季J1リーグの17節を終えて堂々の首位。直近のリーグ戦でアルビレックス新潟に敗れたものの、ここまでのFC町田の快進撃は「素晴らしい」のひと言だ。この躍進を、パリ五輪世代の藤尾翔太と平河悠はどう捉えているのか。藤尾は以下のように回答してくれた。

「正直、開幕前はイメージできていませんでしたが、(町田のサッカーは)徹底している部分が多いので、その点で優位に立てているのかなと。そう実感しています」

 そんな藤尾が町田の強さの一因に挙げたのが「失点の少なさ」だった。黒田剛監督はなにより、失点を嫌う。そのスタンスをチームとして共有することで“一体感”が生まれている。

 一方で平河が強調したのは「決定力」だった。

「1本中の1本と言われているように、(今季の)町田は決定力があるので首位にいるんだと思います」

 実際、ここまでの総得点28はリーグ2位タイで、総失点はリーグ3位タイの15。そして得失点差13はリーグ1位タイと、町田の強さはこれらの数字が物語っている。
 
 果たして、町田の強さの源は? その問いに平河は

「練習で100パーセント出している」と答えた。 「練習で試合の雰囲気や緊張感を出せているところが大きいです。いわゆるギャップがないので、リーグ戦を戦う時に(ゲームに)上手く入れています」

 藤尾の回答は「厳しい競争」だった。

 事実、藤尾と平河がU-23アジアカップに参戦中、5月3日の柏レイソル戦ではFWの荒木駿太が今季初先発で1得点・1アシストと大活躍。これを受けて、藤尾は「ポジションないわ~」と思ったという。選手層の厚さが強さの一因なのは間違いない。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
【関連記事】
「お前ら、帰ってきたらポジションないよ」昌子源が明かす“平河悠と藤尾翔太とのエピソード”「正直、アイツらがあっさり試合に出るようじゃ、町田に未来はない」
「日本代表監督になったら面白い」鄭大世が正直にそう思った指揮官は? 「日本代表の弱点を突いたサッカーを徹底的にやっている」
「町田のサッカーが汚いとか文句を言っている人は恥ずかしい」元Jリーガーが警告「ルールの範囲で時間稼ぎをして何が悪いのか」
FC町田ゼルビアはなぜ強いのか。思い出された「黒田剛監督の組織論」。その根底にあるのは…
最悪なのは裸の王様状態。黒田剛がそれに気づくうえで重要だった青森山田時代「雑草抜きまでやってきた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ