• トップ
  • ニュース一覧
  • バルサもアトレティコも欲しがらないJ・フェリックス。コーチ陣からも低評価で新天地は不透明「重要な試合で爪痕を残していない」【現地発】

バルサもアトレティコも欲しがらないJ・フェリックス。コーチ陣からも低評価で新天地は不透明「重要な試合で爪痕を残していない」【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2024年05月26日

シャビたちがより喜んだのはカンセロの獲得

活躍は限定的だったJ・フェリックス。(C)Getty Images

画像を見る

 ジョアン・フェリックスのバルセロナへの加入を理解する上で、ジョルジュ・メンデスの名前を切り離すことはできない。ジョアン・ラポルタ会長とこのポルトガル人の代理人は、以前ほど共通の利害を持たなくなったとはいえ、サッカービジネスを介して繋がりを保っている。

 実際、アンス・ファティをレンタルの形でブライトンに送り込み、フェリックスとジョアン・カンセロを獲得した昨夏の慌ただしかった移籍市場の最後の数日間を経て、バルサのコーチングスタッフは「メンデスに助けてもらうことができる我々はラッキーだ」と口にした。

 しかし、シャビたちがより喜んだのは、カンセロの獲得だった。フェリックスの獲得はカンセロほど優先事項ではなかった。

 そんな中でも、フェリックスの才能は、練習初日からコーチングスタッフを驚かせた。「スペクタクルだ。ボールコントロール、ドリブル、すべてのプレーにクオリティが溢れている」と称賛の声がやまなかった。
【動画】フェリックスがアトレティコ戦で決勝ループ弾→古巣ファンから批判殺到のゴールパフォ
 ディエゴ・シメオネの下で何年も影に隠れていたその才能が、シャビとの出会いをきっかけに輝き始めたかに見えた。「アトレティコのサッカーのクオリティが悪いとは言いたくない。でも僕にはバルサのサッカーのほうが合っている」とフェリックス自身も語っていたものだ。

 その言葉を証明するように、序盤は幸先の良いスタートを切った。ラ・リーガでの最初の15試合で、フェリックスは13試合に先発で出場。その中には、決勝点を挙げた古巣アトレティコ戦(バルサが1-0で勝利)も含まれていた。

 しかし、徐々にコーチングスタッフもフロントも、特定の局面で見せる淡白さを問題視し始めた。シメオネとの間で起こっていたことと似たようなことがバルサでも起きていた。

「チーム全体としてのバランスという点で問題がある。プレスをかけない選手が2人もいるなんてありえない」と、レバンドフスキに加えて、スポーツ部門のスタッフは苦言を呈した選手がフェリックスだった。

 象徴的な試合が、「多くのことを懸けて戦っている。声を荒げる必要があると感じた」とシャビが怒りを爆発させたアルメリア戦(ラ・リーガ第18節、バルサが3-2で勝利)だった。フェリックスは前半終了とともに交代を命じられ、そしてその日を境に、先発で起用される機会が激減した。
 
【関連記事】
「バルサは大きなミスを犯した」久保建英を宿敵マドリーに奪われた“失態”を元クラブ関係者が指弾「悲しい」「明らかにトップでプレーできる選手だった」
「クボ君は気を引き締め直さないと」元日本代表が苦言を呈した久保建英のワンプレー「ちょっといただけない」
「ワールドクラス」久保建英に贈った敵将シャビの賛辞は“リップサービス”だったのか? 内田篤人の主張「記者が聞いてるんだよね? 俺が言いたいのは...」
「日本人は怒っていた」久保建英、バルサの俊英に苛立ちか。現地メディアが指摘した理由は?「試合終了後も収まらず...」
「チェルシーがエンドウJrを獲得!」「めちゃくちゃ上手い」遠藤航の愛息がアンフィールドで披露したキレキレプレーに海外反響! 同僚ジュニアがタックルで阻止「ロイ・キーンの孫か」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ