【J1展望】1stステージ・8節|湘南-大宮|運命の「4月最後のホーム・8節」。背水の湘南、勝つしかない!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年04月23日

湘南――昨年のホーム初勝利も、4月最後に組まれた8節・鳥栖戦だった。ここで勝てば浮上できる!

故障者/湘南=菊地、山田 大宮=播戸、渡部、清水、黒川、福田、藤沼
出場停止/湘南=なし 大宮=なし

画像を見る

J1リーグ・1stステージ8節
湘南ベルマーレ–大宮アルディージャ
4月24日(日)/18:00/Shonan BMWスタジアム平塚

湘南ベルマーレ
1stステージ成績:16位 勝点2 0勝2分5敗 9得点・18失点
 
【最新チーム事情】
●ナビスコカップの磐田戦で好感触を得る。
●その磐田戦で好パフォーマンスを見せた奈良輪、大竹が先発か。
●J1初残留を果たした昨季、ホーム初勝利は4月最後の8節・鳥栖戦だった。
●すなわち、この大宮戦で勝てれば、浮上できるはず!
 
【担当記者の視点】
 4月20日のナビスコカップ磐田戦は0-0に終わったが、何度か決定的なチャンスを作るなど(そこを決め切れないところが課題ではあるが)、好感触を得られた。中3日で臨む大宮戦の先発には、これまでのレギュラー組に、磐田戦での活躍が目を引いた奈良輪、大竹らが組み込まれそうだ。

 また最前線には大槻が起用される可能性が高まっている。敵陣の深い位置で起点になれるキリノも好調をキープしているものの、引いてくる大宮に対しては、大槻の左足から繰り出される一発――ファイアショットが活きそうだ。さらに、一瞬の隙を突ける大竹のミドルも効果的か。積極的に狙っていきたい。

 快進撃を遂げた昨季、ホーム初勝利を挙げるまでには時間が掛かった。それが4月28日の8節・鳥栖戦だった(○4-2)。それまで3連敗を喫していた悪い流れを断ち切る1勝を挙げて自信を掴んで、上昇気流に乗っている。

 今季リーグ戦はいまだ未勝利と苦しんでいるが、この大宮戦がまさに“ホームでの8節”。勝てば勢いに乗れるはず。

 死にもの狂いで、しかし湘南らしさを貫いて、勝点3を掴みたい。

 
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】大宮×甲府|後半に変貌した甲府が敵地で貴重な勝点1。大宮はリード後の試合運びに課題を残す
【J1採点&寸評】湘南 0-3 鹿島|金崎、土居の“2トップ弾”で連勝の鹿島。湘南はいまだ勝利を掴めず…
【湘南】開幕5戦、未勝利。『湘南エクスプレス』がトンネルを抜けるための3つの条件とは?
【大宮】得点に飢えている男――横谷繁が選択したパスの意味
【セルジオ越後の天国と地獄】ハリルジャパンのロシア行きは五分五分。手倉森ジャパンには“リオ”五輪に参加してほしいね

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ