• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ほぼ完璧、無双していた」韓国の熟練記者が驚嘆したU-23日本代表の選手は? 決勝の相手ウズベクの台頭に危機感「この黄金世代は今後10年、日韓の脅威になる」【U-23アジア杯】

「ほぼ完璧、無双していた」韓国の熟練記者が驚嘆したU-23日本代表の選手は? 決勝の相手ウズベクの台頭に危機感「この黄金世代は今後10年、日韓の脅威になる」【U-23アジア杯】

カテゴリ:日本代表

ホン・ジェミン

2024年05月03日

「プレーを見るのが楽しかった」

ウズベキスタンとの決勝に挑む大岩ジャパン。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 日本のオリンピック8回連続出場、おめでとうございます。

 韓国やサウジアラビア、オーストラリアが次々に敗退したU-23アジアカップで、大岩剛監督が率いるU-23日本代表は準決勝でイラクを2-0で撃破。順当にパリ五輪出場を決めたのはさすがだ。

 準々決勝のカタール戦を乗り越えた自信のせいか、日本はイラクをあらゆる面で圧倒した。イラクはゴール前を固めて失点を防ぎにきたが、カタール戦より多くのチャンスを作り、前半に2ゴールを挙げて有利に試合を運べた。

 日本は多彩な攻撃オプションを生かして攻略した。両サイドから20番(平河悠)と11番(山田楓喜)が素早く仕掛け、FWの細谷(真大)の後方からは17番(松木玖生)と13番(荒木遼太郎)が状況に合わしたポジショニングと連係プレーで相手のブロックを崩した。
【PHOTO】U-23アジア杯に駆けつけた各国の美女サポーターを特集!
 最も輝いていた選手はやはり8番の藤田(譲瑠チマ)だ。アンカーの役割をほぼ完璧にこなした。ビルドアップの起点になって、攻撃の方向とテンポを状況に合わせて決める能力は素晴らしかった。中盤で無双し、クリエイティブなパスから日本の2ゴールをアシストした。韓国代表のファン・インボム(レッドスター)に似ていて、プレーを見るのが楽しかった。

 あえて一つだけ言わせてもらうなら、自らもゴールを積極的に狙って欲しい。激しいプレッシャーをくぐり抜けてせっかくボックスまで行ったのに、もっと完璧なチャンスを作ろうとしてチームメイトにパスを送るのはもったいない。シュートとパスにバリエーションを加えることによって、相手のマークを混乱させることができる。

 元イタリア代表のアンドレア・ピルロも自分で直接ゴールを狙う場面が少なくなかった。チャンスを作ることだけに執着する必要はない。サッカーはゴールを決めれば、主役になれる。もっとシュートを狙えば、より驚異的なMFになれると思う。

 グループステージで無得点だった細谷も、カタール戦、イラク戦と連続得点を挙げて貢献した。チームが一番欲しい時にゴールを決めるのが、ストライカーの仕事だ。今シーズンは開幕してから、所属クラブでも無得点が続いていたから、この連発はチームにも自身にもウェルカムなニュースだろう。
 
【関連記事】
[U-23日本代表のウズベク戦スタメン予想]イラク戦から8人を変更と予測。最終ラインは総入れ替えで西尾が先発か【U-23アジア杯】
「日本が羨ましい!超豪華だ」久保、鈴木唯、OA3人...大岩Jのパリ五輪メンバー候補に韓国メディアが羨望!「最高のスターが招集対象だ」
「なんてクソ野郎だ」バイエルンFWミュラーが痛恨ミスの韓国代表キム・ミンジェにブチギレ! 鬼の形相に海外反響「イライラして同僚に怒鳴った」
「日本は歴代最強の五輪代表が誕生か」久保やOAの招集で豪華布陣も...大岩Jの“本気度”に韓国メディアが感服!「メダルに挑戦する意志は凄まじい」
「日本式でイラクファンに挨拶した」大岩J、勝利後の“振る舞い”に対戦国から喝采!「勝利に値するリスペクトすべき選手たちだ」【U-23アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ