• トップ
  • ニュース一覧
  • 「力強いパフォーマンス」ダービーでフル出場の冨安健洋に現地メディアは賛否両論「ずさんなパスもあった」

「力強いパフォーマンス」ダービーでフル出場の冨安健洋に現地メディアは賛否両論「ずさんなパスもあった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月29日

「あまりやるべきことがなかった」

ジョンソン(奥)への対応に手を焼く場面もあった冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 アーセナルの冨安健洋は4月28日、プレミアリーグ第35節のトッテナム戦で先発フル出場した。スタメンに名を連ね、試合終了までピッチに残っていたのは、11月25日の第13節ブレントフォード戦以来、約5か月ぶりのことだ。

 敵地で宿敵とのノースロンドンダービーに臨んだミケル・アルテタ監督のチームは、15分に均衡を破った。CKの場面で冨安をマークしていたピエール=エミル・ホイビェアのオウンゴールにより先制する。
【動画】冨安がダービーで先制のオウンゴールを誘発
 さらにブカヨ・サカ、カイ・ハバーツの追加点でハーフタイムまでにリードを3点としたアーセナルは、後半に2失点したものの逃げ切り。3連勝を飾り、消化は1試合多いものの、2位マンチェスター・シティとの1ポイント差を保った。

 左SBでプレーした冨安について、『The Independent』は採点記事で7点と評価。「典型的な力強いSBのパフォーマンスを見せた」と賛辞を寄せている。
 また、『GiveMeSport』は6点をつけ、「(GKダビド・)ラジャ同様、トミヤスもあまりやるべきことがなかった。だが、彼も必要とされたときに落ち着いたアプローチ」と報じた。

 一方、米『NBC Sports』は「終始(デヤン・)クルセフスキに動じさせられた。いくつかずさんなパスもあった」と5点の辛口評価。『Squawka』は同じく5点をつけたが、「再び不慣れなサイドでプレーしたが、それで日本代表が阻まれることはなかった」と伝えている。

 ふくらはぎのケガで離脱を余儀なくされ、復帰後も終盤からの出場が続いた冨安だが、ここ2試合は先発出場。激しいタイトルレースが繰り広げられている終盤戦で、さらに存在感を高められるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「トミーになにすんや」「ふざけんな」冨安健洋の右足を踏みつけたFWにファン激怒! まさかのカードなしに不満続出「レッドだろ」「VARなにしとんねん」
 
【関連記事】
冨安健洋のOG誘発直前…アーセナルDFホワイトが取った“グレー戦術”が話題!「スポーツ史上最高の偉業」「極悪非道」
「信じられないヘマ」「本当にひどい」快勝ムードが一変...アーセナルGKのまさかのミスに批判殺到!「能なしめ。遠くに蹴っとけよ」
変わらず「アーセナル最高の左SB」 地元メディアがまたも冨安健洋を称賛! 宿敵トッテナム撃破にフル出場で貢献
「クボ獲得に失敗した場合の日本人プランB」冨安所属アーセナルが久保建英と共に狙うサムライ戦士は? 現地メディアが報道「競争が熾烈になるのは間違いない」
「スペースを埋めろよ!」冨安健洋を伝説OBアンリが痛烈批判。アーセナル失点時の“ザネ集中”を酷評「彼はどうやって得点するんだ?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ