• トップ
  • ニュース一覧
  • 「クボ獲得に失敗した場合の日本人プランB」冨安所属アーセナルが久保建英と共に狙うサムライ戦士は? 現地メディアが報道「競争が熾烈になるのは間違いない」

「クボ獲得に失敗した場合の日本人プランB」冨安所属アーセナルが久保建英と共に狙うサムライ戦士は? 現地メディアが報道「競争が熾烈になるのは間違いない」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月26日

「アルテタ監督の目玉選手」

契約延長をした後のビッグクラブからの関心報道が絶えない久保。(C)Getty Images

画像を見る

 冨安健洋が所属するアーセナルが、新たな日本人選手獲得に動いているようだ。

 スペインメディア『fichajes』は4月25日、「アーセナル、クボ獲得に失敗した場合の日本人のプランB」と見出しを打った記事を掲載。「レアル・ソシエダの選手がお気に入りだが、エミレーツは代替選手を検討中だ」と伝えた。

 同メディアが名前を挙げたのが、ブライトンの三笘薫だ。「アーセナルは来シーズンに向けて十分に競争力のあるチームを編成するための最善の方法を依然として模索しており、日本人のカオル・カオルはスペイン人監督ミケル・アルテタが指示した目玉選手の一人となっている」と綴っている。
【動画】久保がキレキレのドリブル突破で好機創出
「ミトマは、特に昨シーズン後半以降、そのスピード、テクニック、得点機会を作り出す能力で、ブライトンで頭角を現しており、2023-2024シーズン開幕時にその好印象を裏付けており、彼の加入にさらに強化される可能性がある」

 記事は「ミトマの獲得競争が熾烈になるのは間違いない。彼の才能と若さのおかげで移籍市場では垂涎のターゲットとなっている」と続けている。

 日本が誇る両ウインガーのどちらかが、冨安とチームメイトとなるのか。今後の動きに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「タケの様子がおかしい」アジア杯後の久保建英の“変化”にソシエダ番記者が懸念「日本人の魔法がなければ別のチーム」【現地発】
 
【関連記事】
「タケに何かが起きている」久保建英の先発落ちにソシエダ番記者が疑念。同僚FWの決定機には苦言「いつものようにサディクが無駄にした」【現地発】
「タケの様子がおかしい」アジア杯後の久保建英の“変化”にソシエダ番記者が懸念「日本人の魔法がなければ別のチーム」【現地発】
「ほんとに使えない」「ひどすぎる」久保建英が2人抜き突破→大外しの同僚サディクにファン怒り!「アシストを何個消されたか」
「球離れの遅さが気になる」4年前に久保建英をそう評した小野伸二、現在のプレーをどう見る?
「日本はクボを望んでいる」久保建英のパリ五輪出場にソシエダ地元紙は戦々恐々!「出場時間超過に懸念」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ