• トップ
  • ニュース一覧
  • 「悔しい」「腹立たしい」それでも大好きな“ノボリさん”とのC大阪戦に脇坂泰斗が感じた不思議な感覚

「悔しい」「腹立たしい」それでも大好きな“ノボリさん”とのC大阪戦に脇坂泰斗が感じた不思議な感覚

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2024年04月14日

チームは苦しい2連敗

敗戦を悔やんだ脇坂。先輩の登里との対戦も感慨深いものになった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第8節]C大阪 1-0 川崎/4月13日/ヨドコウ桜スタジアム

 敵地でC大阪に0-1で敗れた川崎は、前節の町田戦(●0-1)に続く連敗で、順位は16位に後退した。

 試合後、今季からキャプテンに就任した脇坂泰斗は厳しい表情を浮かべながら「改善点が多いゲームだったと思います」と振り返る。

 2試合連続の完封負け。

「どう攻めるかというところだと思うので、そこを合わせないとチグハグな攻撃になってしまう。そこはやり続けていくしかないと思います。

 自分はたとえ厳しいボールが入っても、マイボールにしなくちゃいけないですし、そういったところも今日はできなかったので、もっともっと個人としての質を上げていくしかないです」
【動画】【動画】C大阪×川崎戦のハイライト
 苦しい状況にあるなか、C大阪戦では、今季川崎から移籍した左SB登里享平との初対戦も迎えた。

 脇坂にとって登里は長年川崎を支えてきた偉大な先輩であり、ピッチ外でもお世話になった恩人でもある。

 それだけ思い入れのある存在なだけに、感情に流されないよう、FW小林悠らと同じく、できるだけ言葉を交わさないように試合に臨んだという。

 もっともそこは、登里が一枚上手であったようだ。

「ノビノビやらせないように頑張ったんですが、要所要所で嫌なところで受けられましたし、悔しいです」

 そして脇坂は敗戦を受け止めながら、先輩に改めてリスペクトを向けた。

「(試合に臨むにあたって)僕も(ノボリさんと)話さないようにしようと思っていました。やっぱりピッチ外でも特別な存在であったので。それでも近寄って来て、改めて対面すると、寂しい気持ちにもなりました。それにゲーム中も話しかけてくるなど、ある意味、乱されたというか、腹立たしいというか、さすがという面がありました。次は負けないようにしたいです」

 一方で試合後、登里は脇坂に対して「嫌なポジションを取り続けようとしていた」と語っていたのも印象深い。

 改めて登里のプレーは、脇坂にとって貴重な見本となったはず。このゲームで学んだことを次に生かしたい。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「今までのトップ下像じゃない」中村俊輔が驚嘆した20歳のMFは?「身体も大きいし、両足蹴れて、頭も...」
 
【関連記事】
「ちょっと海外ぽい」内田篤人が“日本人にいないタイプ”と感銘を受けたFWは?「見ていて気持ちいい」
「アルゼンチンのようなスタイル」“初昇格”町田の大躍進にブラジルメディアも興味津々!「Jリーグに小さな革命を起こしたスター」と称賛したのは?
「自分なんて超えていた」天才MF小野伸二の“ごく身近にいた”消えた逸材とは? 衝撃の事実にスタジオ騒然!「グレちゃったんですけど...」
“C大阪の男”となった登里享平と古巣の川崎サポーターの感動の再会。涙とともに示した覚悟
盟友の川崎・小林悠とC大阪・登里享平が初対戦に込めた想い。話さず、目も合わせず、それでも誓ったユニホーム交換

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ