• トップ
  • ニュース一覧
  • 今季最大のセンセーション。なぜレバークーゼンは“ビッグネームなし”でも強いのか【コラム】

今季最大のセンセーション。なぜレバークーゼンは“ビッグネームなし”でも強いのか【コラム】

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2024年04月09日

誰にもできないことをやってのけつつある

快進撃を続けるレバークーゼンを率いるシャビ・アロンソ監督。(C)Getty Images

画像を見る

 今シーズン、欧州で最もセンセーションを巻き起こしているチームは?

 そう訊かれたら、「レバークーゼン」と迷わずに答えられる。ドイツ、バイエルン・ミュンヘンが帝国を築いてきたブンデスリーガで首位。その成績以上に、スペクタクルなサッカーを実践し、新時代の幕開けのような予感すら漂う。

 昨シーズンの途中、シャビ・アロンソ監督は降格の危機が迫っていたチームを率い、一気にヨーロッパリーグ(EL)出場圏内まで引き上げた。

 その反転攻勢だけで瞠目に値するが、選手を成長させ、価値を向上。フロリアン・ヴィルツ、ジェレミー・フリンポン、ヴィクター・ボニフェイスのような若手を啓発し、アレハンドロ・グリマルドのようにグッドプレーヤーの域を出られなかった中堅をトッププレーヤーに“再生”。ビッグネームなしで強力なチームを作り上げた。

 どこにボールを通し、どのタイミングで人が動くべきか、そのオートマチズムは出色だ。
【動画】流れるような攻撃!レバークーゼンELゴール集
 EL、プレーオフのセカンドレグのカラバフ戦では、残り20分で0-2からひっくり返したが、その奇跡も必然だった。

 例えば5分、右センターバックのタプソバが縦パスを入れ、ホフマンがFWとMFのライン間で受ける。ターンしてさらに縦パスを入れ、ヴィルツがMFとDFのライン間でコントロール。それを横に流し、ボルハ・イグレシアスがシュート。確実にライン間を取っており、おかげで簡単にボールを前進させ、ゴールに迫った。

 後半に入って48分には、相手が守備を固めたことからエセキエル・パラシオスがグラニト・ジャカとパス交換しながらブロックをずらす。ラインの乱れに対し、パラシオスはヴィルツとのワンツーで潜り込み、ヴィルツがトップのボルハ・イグレシアスに入れて落としたボールを、パラシオスが受けて際どいシュートを放った。

 どちらもゴールにならなかったが、パスの出し入れで相手を動かし、ライン間に入る、もしくは裏まで走る、という連動を90分間にわたって続けていた。結果、打つも打ったりシュートは30本以上。リードを許すも、相手の体力を相当に削っていたのだろう。結果、相手を一人少ない状況に陥らせ、終盤の猛攻で逆転に成功した。

「縦パスを入れ、戻し、相手を動かし、そのスペースに次々に人が入って、ゴールに迫る」

 その特性を言語化はできるが、言うは易し。実現できているチームは少ない。ライン間で技術の高い選手がボールを受け、ターンで来ただけで、サッカーは本来チャンスになる。

 最近は戦術用語を持ち出し、複雑化する人が多いが、シャビ・アロンソ監督は単純化することで、誰にもできないことをやってのけつつある。

 残り20分での逆転劇は一つの奇跡だが、必然の論理で生み出された景色と言えるだろう。

文●小宮良之

【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たし、2020年12月には新作『氷上のフェニックス』が上梓された。

【記事】「衝撃の除外」「一体なぜだ?」バイエルンの韓国代表キム・ミンジェ、まさかの“レギュラー剥奪危機”に母国激震!過小評価に苦言「見方が好意的ではない」
 
【関連記事】
「自信がないのか、能力不足なのか」連敗のバイエルン、久々先発の韓国代表キム・ミンジェをドイツ誌が酷評!「トゥヘル監督は失望」
「そりゃ、気に入る」「サイドバックはすげぇ楽」名SB内田篤人が絶賛した日本人MFは?「捌けるし、時間を作ってくれる」
「目が覚める一発」「まさかの形」板倉滉の鮮烈ミドル弾に驚嘆の声続々!「やりおった」
「今は怖さがそれほどない」対峙した堂安律が語った“バイエルン低迷の理由”「今までは...」【現地発】
「2人の目線が恐かった」松井大輔、若き日の日本代表で“パスをくれなかった”2選手を告白「おまえ外すからやらないって...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ