• トップ
  • ニュース一覧
  • ガンガンいこうぜ! スパルタ三戸舜介は「すぐ疲れちゃう」が、最初から出力全開「それで90分持てば、もっと上に行ける」【現地発】

ガンガンいこうぜ! スパルタ三戸舜介は「すぐ疲れちゃう」が、最初から出力全開「それで90分持てば、もっと上に行ける」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

中田徹

2024年04月03日

「ここから変われるんじゃないかと思ってます」

フィテッセ戦でチームを勢いづかせる先制点を決めた三戸。(C)Getty Images

画像を見る

[エールディビジ第28節]フィテッセ 1-4 スパルタ・ロッテルダム/4月2日/ヘルレドーム

 右に三戸舜介、左に斉藤光毅。スパルタ魅惑の日本人ドリブラーがフィテッセ相手に差を作り、4-1の勝利に貢献した。

 スパルタの先制ゴールは7分、斉藤のクロスのこぼれ球を、三戸が左足を振り切りゴール右隅にシュートを沈めた。19分には斉藤の巧みなポストプレーからMFペレ・クレメンスがゴール前に抜け出し追加点を挙げる。

 ここまでチャンスメイク役として抜群の働きをしていた斉藤が43分、今季3点目となるゴールを左足で決めた。

 ホームのフィテッセは前半アディショナルタイムにセットプレーから1点を返すと、その勢いのまま後半を戦い、スパルタは劣勢に追い込まれた。そのさなかの58分、スパルタは三戸が倒されて得たFKから、CBマイク・エールトハウゼンがトドメの4点目を決めた。

 デビューマッチのフォルトゥナ戦以来、およそ3か月ぶりに得点を決めた三戸は、その瞬間を「自分のところにボールがこぼれてきて、トラップで良いところに置けたので、あとは思いっきり振り抜きました」とゴールシーンを振り返った。

「ゴールを取れなかったり、うまくいかなかったりした期間がありました。今日、点を決めることができたので、ここから変われるんじゃないかと思ってます」

 しばらく前までスパルタはたくさんチャンスを作っても、決定力不足に泣いて勝点を取りこぼしていた。しかし3月17日のアヤックス戦で斉藤と三戸が躍動し2-2で引き分けると、前節のフォルトゥナ戦を4-0で勝利。フィテッセ戦でも大量4ゴールと、一気に得点力不足が解消された。

「ここ2試合で8得点。びっくりするぐらい得点力が上がりました。連戦ですけど、今は練習からチームが良い雰囲気なので、それが試合に出ていると思います」
【動画】「勝ちました!」「バモ!」斉藤&三戸、歓喜の雄叫び
 チームの得点力が上がった秘訣はなんだろうか?

「早い時間帯で点を取れていること。前節も先制ゴールが早かったんです。それまでは逆に立ち上がりに失点することが多かったんですが、逆に得点できるようになりました。そのことが今につながってるんだと思います」

 フィテッセ戦で三戸が決めた開始早々のゴールは、本人が「チームを勢いづけることができたんじゃないかなと思います」と語った通り、前半に試合を支配したスパルタのペースを作る貴重なものになった。

 フィテッセ戦で三戸は61分にベンチへ退いた。

「前回の試合で足を打撲したので、気にしてもらったところもあると思います。あとは(中2日の)連戦というのもあると思う。僕はすぐ疲れちゃうんで...」

 ここ3試合、三戸は60分代で交代している。

「もちろん90分間出られたらいいんですけど、僕は90分間(体力を)持たすようなプレーをしてるわけじゃない。最初からガンガン。それで90分間持つようになれば、もっと上に行けると思います。『今の自分はまだまだだな』と思うところがあるので、90分間持たそうという感じではプレーしてないです」

 ユルン・ライスダイク監督に「三戸を60分過ぎに交代させているのは、プログラミングされているのか?」と訊いてみた。

「いいえ、プログラミングはしてません。三戸はまだエールディビジの強度に慣れきってません。だから『フレッシュな選手をピッチに入れないと』と感じた時に、交代のカードを切ってます。そのプロセスは昨季、斉藤も辿りました。だから、三戸も少しずつオランダサッカーの強度に慣れていけば良いのです」

 三戸は、フィテッセ戦のラストプレーでドリブル突破を図ったところを倒されてFKを得て、チームの4点目につなげた。このラストプレーは、ゲーム体力が課題の三戸にとって次につながるものだった。

取材・文●中田 徹

【記事】「お前らみたいなサッカー後進国に何ができるんだ」本田圭佑、オランダ時代の“差別被害”を告白。「日本から車のメーカーの奴が来て...」
 
【関連記事】
「日本人のおかげでバラ色のスパルタ」先制弾の三戸、斉藤は1G1A! 抜群の存在感を示したパリ世代コンビを現地メディアも高評価
「お前らみたいなサッカー後進国に何ができるんだ」本田圭佑、オランダ時代の“差別被害”を告白。「日本から車のメーカーの奴が来て...」
「エンドウは絶対的なスターになった」カイセドより遠藤航で大正解!英メディアが見解「センセーショナルな活躍」「エクアドル人には残酷」
「投入から数分でラツィオの重心が上がった」先発ならずも...精力的だった鎌田大地に伊メディアは一定の評価!「チームの調子を維持するのに役立った」
「ひどい過大評価だ」久保建英の市場価値“アジア単独1位”に韓国メディアが異論!「キム・ミンジェはすぐ下落なのに、クボは不調でも下がらず」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ