チェルシーのオーナー退任から丸2年。「アブラモビッチの衝撃」を振り返る【現地発】

カテゴリ:ワールド

ジョナサン・ノースクロフト(イングランド『Sunday Times』紙記者)

2024年03月29日

アーセナルから主役の座を奪う

ビッグイヤーを高々と掲げるロマン・アブラモビッチ。(C)Getty Images

画像を見る

 2003年4月、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の舞台となったオールド・トラフォードに、ひとりのロシア人がいた。ロマン・アブラモビッチである。ロシアで70億ポンド(当時のレートで約1兆3300億円)強の財を築き、世界有数の大富豪となった当時36歳の彼は、「欧州最高峰の戦い」と「夢の劇場」と謳われるスタジアムの雰囲気に酔いしれた。イングランドのフットボールクラブを買収したい──。その決意を固くしたアブラモビッチはさっそく、ロンドン北部を本拠とするトッテナムを訪れた。

 トッテナムに強い興味を持ったのは、2000年にクラブを買収していたダニエル・レビーとジョー・ルイスが売却に応じる姿勢を示したから。しかし、本拠地ホワイト・ハートレーンを訪れたアブラモビッチは、側近にこう漏らしたという。

「このあたりは、ロシア中部のオムスクよりみずぼらしいな」

 その界隈はいまでこそ雰囲気も治安も落ち着いているが、ロシア人は当時の環境をあまり気に入らなかったようだ。そして、次に目をつけたのがチェルシーだった。ケン・ベイツがオーナーを務めるチェルシーは深刻な財政問題を抱えていたが、それは大富豪のネックにはならなかった。CL出場権を有していたのも魅力で、本拠地がロンドン南西部の高級住宅地にあることも買収への意欲を高める要素だった。チェルシーとの交渉は30分足らず。2003年7月に正式契約に至った。

【PHOTO】まさにスタジアムの華! ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 アブラモビッチはここからロンドン中、いや、世界中を驚かせるビッグディールを連発する。03年夏の移籍市場で1億5000万ポンド超の巨費を投じ、アドリアン・ムトゥ、ファン・セバスティアン・ベロン、クロード・マケレレ、エルナン・クレスポ、ダミアン・ダフ、ジョー・コールら国内外のスターを乱獲。絢爛豪華なチームに変貌を遂げたチェルシーは国内リーグ2位と躍進し、CLではクラブ史上初となるベスト4進出を果たした。

 それに飽き足らないアブラモビッチは、さらなる一手を打つ。クラウディオ・ラニエリ監督を解任し、ポルトで欧州制覇の快挙を成し遂げたばかりの新進気鋭、ジョゼ・モウリーニョをロンドンに引っ張ってきたのだ。陣容強化の手も緩めず、前年を上回る資金を湯水のごとく使い、ディディエ・ドログバやアリエン・ロッベン、ペトル・チェフら新たな才能をかき集めた。

 迎えた04-05シーズン、チェルシーは55年ぶり2回目となるリーグ制覇を達成。翌シーズン、そのタイトル防衛に成功するなどプレミアを文字通り席巻した。07年まで続いたこのモウリーニョ第一次政権下で、アブラモビッチはアーセン・ヴェンゲル率いるアーセナルからロンドンの主役の座を奪ってみせた。そして買収から約9年の12年5月、CL制覇の大願を成就させ、ロシア人オーナーは悦に入った。
 
【関連記事】
「エンドウの躍進はリバプールに革命をもたらした」遠藤航の獲得は歴史的成功!現地メディアが大絶賛「彼を外すのは難しい」「他の選手と違うのは...」
「Jリーグの時からずば抜けていた」小野伸二が絶賛した日本代表戦士は?「リズムを変えられる」
スパーズが警察に捜査を要求した「ラザニア事件」とは? 血生臭い恐怖のバトルも――ロンドンのダービーこそイングランド・フットボールの真髄だ【現地発】
出待ちで選手に会える可能性も⁉ アーセナル・ファン必読!ロンドン在住の事情通がマッチデーの過ごし方をガイダンス【現地観戦のススメ】
PUBのトイレにも“小さなフットボール”が!短い滞在でも堪能できる世界一の蹴球タウン「ロンドン」を探訪【WSD編集長コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ