• トップ
  • ニュース一覧
  • 「コンクリート上で技を磨いた」“フットボーラー名産地”と化す南ロンドンの特殊な事情【現地発】

「コンクリート上で技を磨いた」“フットボーラー名産地”と化す南ロンドンの特殊な事情【現地発】

カテゴリ:ワールド

ジョナサン・ノースクロフト(イングランド『Sunday Times』紙記者)

2024年03月30日

理由のひとつは移民の定着

ケージ内のコンクリート上で技を磨いたサンチョ。(C)Getty Images

画像を見る

「世界的に見ても、南ロンドンはトップ3に入るタレントの宝庫だ」

 クリスタル・パレスのスティーブ・パリッシュ会長の発言である。かつてはイングランド北部がプロフットボーラーの名産地として有名だったが、いまはそれが首都ロンドンの南部に移っている。実際、プレミアクラブに所属するイングランド出身選手のうち、実に14パーセントが南ロンドン出身という驚くべき統計もあるほどだ。約25平方キロメートルの限られた地域から、優秀なタレントが次々と生まれている。

 具体的に言えば、ロンドン中心部を流れるテムズ川より南側に位置する地域で、4つの行政区(ルイシャム、ランベス、サザーク、ワンズワース)にまたがっている。地元での呼称は「サウス・オブ・ザ・リバー」だ。

 この地域がフットボーラー名産地と化した理由のひとつは、1980~90年代にかけてカリブ諸島やアフリカから英国に渡ってきた移民にある。当時の南ロンドンは住居費が安く、慢性的に人手不足だった工場や病院、鉄道会社など働き口が少なくなかった。こうして移民が定着し、その2世、3世が南ロンドンのリソース(人的資源)に純粋なプラスとして加わったのだ。

【PHOTO】まさにスタジアムの華! ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 4つの行政区で最も東側に位置するルイシャム行政区は、イングランド代表のジョー・ゴメス(リバプール)やルベン・ロフタス=チーク(ミラン)を輩出。エディ・ヌケティア(アーセナル)もこの地区の生まれで、アーセナルのレジェンドであるイアン・ライトと同じ学校に通い、同じフットボールスクールで技を磨いた。

 サザーク行政区にあるペッカムで育ったのは、元イングランド代表DFのリオ(元マンチェスター・Uなど)と、アントン(元QPRなど)のファーディナンド兄弟。ふたりが暮らしていた公営住宅『フライアリー団地』からは、アデモラ・ルックマン(アタランタ)やジャック・バトランド(元サウサンプトンなど)といった好タレントも生まれている。

 同じサザーク行政区のウォルワースにある『エイルズベリー団地』で育ったのはジェイドン・サンチョ(ドルトムント)とリース・ネルソン(アーセナル)で、同じ23歳のふたりは幼少期から親友だ。さらに、97年生まれのタミー・エイブラハム(ローマ)と98年生まれのエベレチ・エゼ(クリスタル・パレス)も同区の出身で、少年時代は同じチームでプレーしていた。
 
【関連記事】
「とんでもないクーデターだ」遠藤航、“期待以上のプレミア新戦力トップ10”にもちろん選出!「カイセドよりも優れていた」
なぜ冨安健洋が“プレミア優勝の鍵を握る選手”に選出されたのか?「多才なトミヤスはアルテタ監督に不可欠」
スパーズが警察に捜査を要求した「ラザニア事件」とは? 血生臭い恐怖のバトルも――ロンドンのダービーこそイングランド・フットボールの真髄だ【現地発】
「クラブ生誕の地で現地ファンと交流を」チェルシー・ファン必読!ロンドン在住の事情通がマッチデーの過ごし方をガイダンス【現地観戦のススメ】
PUBのトイレにも“小さなフットボール”が!短い滞在でも堪能できる世界一の蹴球タウン「ロンドン」を探訪【WSD編集長コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ