• トップ
  • ニュース一覧
  • 前田大然へ北朝鮮MFが悪質なタックル。その時、ベンチから飛び出て激昂した選手がいた――

前田大然へ北朝鮮MFが悪質なタックル。その時、ベンチから飛び出て激昂した選手がいた――

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年03月23日

森保監督も主審に猛アピール

危険なタックルを浴びてピッチに倒れた前田。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 テレビカメラには映っていなかったかもしれない。

 日本代表は3月21日に開催された北中米ワールドカップ・アジア2次予選で、北朝鮮と国立競技場で対戦。開始2分に田中碧のシュートで奪った1点を守り切り、1-0で勝利を飾った。

 この一戦で、森保ジャパンは何度か北朝鮮のラフプレーに苦しんだ。74分には、FW前田大然が相手MFカン・ウンチョルに両足で危険なタックルを浴びせられた。

 森保一監督も主審に猛アピールしたこの場面では、ベンチに下がったばかりと堂安律と菅原由勢がタッチライン際まで飛び出し、怒りを露わにしていた。
【PHOTO】日本代表の北朝鮮戦出場16選手&監督の採点・寸評。及第点を上回ったのは4人、最高点は決勝弾の田中碧
 後者はその数分前にタックルを浴び、足を痛めて交代を余儀なくされていた。それだけに、思うところがあったのだろう。

 カン・ウンチョルはイエローカード止まり。幸い前田はその後もプレーを続行できたものの、一歩間違えれば怪我に繋がりかねないプレーだった。

 もちろんピッチ上では、頭は冷静でいなければならない。とはいえ、北朝鮮のように激しく来る相手には“戦う姿勢”も大事だ。その気持ちを感じたワンシーンだった。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【画像】日本が激昂した前田への危険なタックル
 
【関連記事】
「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」
「こんな幸せなことはない」日朝戦中止→日本代表解散直前に“驚きの発言”をした選手は? 
「この組は日本ほど整理されている国がない」堂安律がまさかの平壌開催中止に見解「どうなってもおかしくないと...」
「抜けてた部分が見えた」前半22分、ベンチを飛び出した長友佑都は板倉滉に何を伝えたのか
「どういうつもりなん?」前田大然のまさかの“変貌”に驚いた南野拓実。報道陣を笑わせた一言「プレゼントします」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ