• トップ
  • ニュース一覧
  • 「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」

「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年03月22日

北朝鮮に1-0で勝利

プレーと戦う気持ちでチームを引っ張った堂安。写真:サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影

画像を見る

[W杯予選]日本 1-0 北朝鮮/3月21日/国立競技場

 日本代表は3月21日に国立競技場で開催された北中米ワールドカップ・アジア2次予選で、北朝鮮と対戦。開始2分に田中碧が叩き込んだ先制ゴールを守り切り、1-0で勝利を収めた。

 この試合で、後半の苦しい時間帯にこんなシーンがあった。自陣左サイドから上げられたクロスに対応して相手と競り合った後、堂安律が味方を叱責したのだ。
【動画】堂安が悔やんだ決定機逸
 試合後、その場面について堂安はこう振り返った。

「あれは(クロスを入れられる)前のプレーで守田(英正)君がボールを失ったまま、少し下向いてる間にスローインやられたやつなんで。失うのは全然いいです、僕も失いますし。ただ、1秒2秒下を向いてる間にスローインをやられてクロスを上げられてるんで、それはやっぱり絶対してはいけないプレーですし、終わってから少し話もしました。全然健康的な会話をしています」

 相手のロングボールに苦しんでバタバタするなか、そうしたチームを引き締める声掛けは必要だし、試合後にすぐコミュニケーションを取るのも重要だ。

 日本の10番がリーダーシップを発揮した場面だった。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】[日本1-0北朝鮮|採点&寸評]ホームで予想以上の苦戦。及第点を上回ったのは4人のみ。最高点はMOMの...
 
【関連記事】
【日本1-0北朝鮮|採点&寸評】ホームで予想以上の苦戦。及第点を上回ったのは4人のみ。最高点はMOMの...
「この組は日本ほど整理されている国がない」堂安律がまさかの平壌開催中止に見解「どうなってもおかしくないと...」
「相手の罠にはまった」北朝鮮戦の後半、日本代表に何が起きていたのか。選手たちが証言した“激変”の理由「蹴らなくていいのに...」
「久々に会えるとか、そんな甘ったるい集団じゃダメ」堂安律は37歳・長友佑都の代表復帰に何を思った?「経験値を生かしながらも...」
「悪性伝染病が原因?」北朝鮮vs日本戦の平壌開催が急きょ中止→明かされた理由に韓国メディアも驚愕!「日本には好都合だろう」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ