「ドイツ代表×アディダス」70年以上に及んだ蜜月関係の終わり【識者コラム】

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2024年03月25日

「一つの時代の終焉」と嘆く声も

ドイツ代表とアディダスの蜜月関係が終焉へ。(C)Getty Images

画像を見る

 3月21日、DFB(ドイツサッカー連盟)とナイキ(NIKE)の2027年からのサプライヤー契約締結が発表された。まさに青天の霹靂。70年以上前からアディダス(adidas)の象徴的な3本線はドイツ代表のユニホームに入っていて、栄光の歴史は常にこのフランケン地方発祥の世界的スポーツメーカーと共にあった。

 それゆえ「一つの時代の終焉」と嘆く声も少なくないだろう。ロベルト・ハーベック連邦経済大臣も「(ドイツ国旗の)黒赤金と3本線は不可分であり、ドイツのアイデンティティ。地元企業が望ましいのでは」と落胆を隠さない。

 ひと昔前ならDFBとアディダスの蜜月関係にひびが入るとは想像もつかなかったが、その転機となったのは2004年、オリバー・ビアホフのドイツ代表マネジャー就任かもしれない。ウディネーゼやACミランでの現役時代を知る人ならご存知だと思うが、ビアホフのキャリアはナイキと共にあった。だが、1996年のEURO決勝で彼がゴールデンゴールを決めた時のシューズはアディダス。2006年のワールドカップ(W杯)まで、ドイツ代表の全選手がアディダスシューズでのプレーを義務付けられていたからだ。

 その後、A代表とU-21代表のシューズ選びが自由となり、今はその他のユース代表も制限はなくなっている。

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「 J歴代ベスト11」を一挙公開!
 実は2007年にもドイツ代表のサプライヤー決定に至るプロセスが話題になった。ナイキから8年5億ユーロという(アディダスの)倍近い額を提示されていたにもかかわらず、DFBが最終的にアディダスとの契約延長を選んだのだ。金額云々ではなく『DFBとアディダスの関係は永遠』という口約束が、契約として有効と見なされたのである。

 ただ、テレビ放映権などで独占禁止法にも気を配ることとなったDFBは、今まで通りの蜜月関係をベースに暗黙の了解でアディダスと契約延長するリスクを感じたに違いない。また、2016年にアディダスはナイキを意識してか、2018~2022年までの契約をそれまでの倍となる年間5000万ユーロで締結し、さらに追加提案権条項を付け加えた。

 この時点で無条件での蜜月関係には陰りが見えていたのだろう。蜜月関係にあった時のアディダスCEOは現バイエルン・ミュンヘン会長のヘルベルト・ハイナー氏。DFBには振られてしまったアディダスだが、バイエルンとの関係はハイナー会長の存在、そして株式の8.33パーセントを所有する事情から安泰と言える。
 
【関連記事】
「とても可愛いね」「考え直してくれ!」ドイツ代表が発表した“ピンク×紫”の新ユニホームに賛否の声「かなり攻めてるな」
「霜降り牛肉とサンチュだ!」お披露目された韓国代表の新ユニホームに酷評が相次ぐ! 一方海外では10点中8・5点で「美しく映える」と絶賛も
「珍しいけど慣れよう」「とても洗練されている」過去最大のチェック柄! クロアチアの新ユニホームに賛否! 主将のモドリッチは「魅力的なデザインだ」
「間違いなくEURO2024キットの中で最高の一つ」フランス代表の新ユニホームを英メディア絶賛! 唯一の不満は?「期待していた横縞は省略」
「不安は大きくなる」韓国代表、タイと屈辱ドローでFIFAランク“アジア4位”転落危機に母国衝撃「W杯最終予選で日本などと同組の可能性、致命的だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ