• トップ
  • ニュース一覧
  • 「不安は大きくなる」韓国代表、タイと屈辱ドローでFIFAランク“アジア4位”転落危機に母国衝撃「W杯最終予選で日本などと同組の可能性、致命的だ」

「不安は大きくなる」韓国代表、タイと屈辱ドローでFIFAランク“アジア4位”転落危機に母国衝撃「W杯最終予選で日本などと同組の可能性、致命的だ」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月25日

「ワールドカップに向かう旅はさらに難しくなる」

ソン・フンミン(左端)のゴ―ルで先発するもタイとドローに終わった韓国代表。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間3月21日に開催された北中米ワールドカップのアジア2次予選第3節で、韓国代表はタイ代表とホームで対戦。42分にソン・フンミンのゴ―ルで先制するも、61分に被弾し、格下相手にまさかの1-1ドローに終わった。
【動画】ソン・フンミンがタイ戦で決めた鮮やかな先制ゴール
 26日に敵地での再戦が残されているものの、この引き分けによって、韓国はFIFAランキングがアジア内4位に転落する可能性が高くなった。

 韓国メディア『Ilgan Sports』は「タイ戦、屈辱のドローの後の嵐。韓国はFIFAランキング アジア4位の墜落危機」と見出しを打った記事を掲載。次のように伝えている。

「韓国代表はFIFAランク101位のタイと引き分けに終わり、アジア4位に墜落する危機に追い込まれた。3月にあと1試合を残した中、リアルタイムのランキングはオーストラリアに抜かれ、アジアの4番目に落ちた状況だ。順位を再び上げることができなければ、韓国はワールドカップ最終予選でも厳しい組分けが避けられない」
 
 記事によれば、韓国は格下タイとの引き分けで7.47ポイントがマイナスされ、22位から24位に転落。レバノンを2-0で破って4.62ポイントを積み上げたオーストラリアが23位を維持し、現時点でのランキングで日本(18位)、イラン(20位)、オーストラリアに次ぐアジア4位に成り下がっているという。

 同メディアは「FIFAランキングが9月から始まるワールドカップ最終予選(3グループ)の組分けの基準になる可能性が大きいという点で致命的かもしれない。アジア4位のままなら、日本やイラン、オーストラリアなどのチームと無条件に対戦しなければならないからだ」と懸念を示している。

 そして、「もちろん日本やイラン、オーストラリアなど他のチームも残りの予選で躓き、順位が逆転する可能性はある。すぐに来る第4節でも韓国がタイを破り、オーストラリアがレバノンとのアウェー戦で引き分け以下にとどまると再逆転が可能だ」としつつ、韓国代表の現状をこう憂いている。

「しかし、自力でトップシード(トップ3)を獲得できない場合、ワールドカップに向かう旅はさらに難しくなる可能性がある。最近の代表チームのパフォーマンスを振り返れば、不安感はさらに大きくなる」と指摘している。

 まさかの状況に衝撃が広がっているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】華やかコスチュームでエール! アジアカップを彩った韓国女子サポを特集!
 
【関連記事】
「アジア最強の日本が変化を選んだ」JFAの宮本恒靖会長就任に韓国羨望! 自国と比較し悲嘆「自己満足に溺れた韓国サッカー協会とは違う」
「自分勝手な茶番」「驚くほど非常識だ」日朝戦の中止で韓国メディアが北朝鮮を辛辣批判!「なぜ国際舞台に出ようとするのか」
「また格下に不覚か!」「悪夢は繰り返された…」タイ戦で痛恨ドローの韓国代表を母国メディアが痛烈批判!「日本人監督にしてやられた」
「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」
「霜降り牛肉とサンチュだ!」お披露目された韓国代表の新ユニホームに酷評が相次ぐ! 一方海外では10点中8・5点で「美しく映える」と絶賛も

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ