• トップ
  • ニュース一覧
  • 「3/21平壌開催白紙」→「フライト中止」→「3/22千葉県内でトレーニングに変更」。異例の事態にも迅速に対応した“縁の下の力持ち”の存在を決して忘れてはいけない

「3/21平壌開催白紙」→「フライト中止」→「3/22千葉県内でトレーニングに変更」。異例の事態にも迅速に対応した“縁の下の力持ち”の存在を決して忘れてはいけない

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年03月22日

「スタッフのほうがバタバタしているはず」

JFAの”チームワーク”があってこそ迅速に対応できている。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2024年3月21日、日本代表が北中米ワールドカップのアジア2次予選で北朝鮮代表を1-0で下すと、日本サッカー協会の田嶋幸三会長がミックスゾーンでアウェー北朝鮮戦の「平壌開催白紙」を明らかにした。

 北朝鮮とのパリ五輪最終予選に臨んだなでしこジャパンがそのアウェーゲームをサウジアラビアのジッダで開催したのに、なぜ日本代表のワールドカップ・アジア2次予選は平壌でやるのか。そもそもの疑問が解消されない中で予断を許さない状況だったからか、「平壌開催中止」の発表後にミックスゾーンに現れた選手たちは比較的冷静だった。

 その場で著者が声を拾えたのは3選手。久保建英、板倉滉、南野拓実である。彼らはそれぞれ以下のように述べていた。

<久保>
「白紙になったので、どうなるか分かりませんが。僕たちは静観すべきなのかなと。できないならできないでしょうがないと思います」

<南野>
「なでしこジャパンも似たような状況というのは聞いていたし、メンタル的な準備はチームとしていたので、どうなっても良い準備をしたいです。おそらく平壌での試合が僕らにとって一番難しいシチュエーションだったと思うので、はい、とにかく良い準備をしたいですね」

<板倉>
「行く気で準備していましたが、想定外のことは起こり得ると。臨機応変に対応したいと思います。リラックスして待ちたいです」
 
 印象的だったのは南野の次のコメントだ。

「選手たちよりもスタッフのほうがバタバタしているはずなので、どうなるか見守るしかないです」

 確かに平壌への渡航準備、宿泊先の選定など、ここまで大変な苦労があったはずなのに、白紙に戻ったのだ。スタッフのほうがバタバタしているのは明らかだろう。それでも日本サッカー協会は、「平壌開催中止」の発表から数時間後、本来はフライトだった3月22日の活動予定を「千葉県内でトレーニングに変更」と伝えている。

 どれだけのスタッフ、関係者が動き、短時間のうちにここまで整えられたのか。異例の事態にも迅速に対応する“縁の下の力持ち”の存在を決して忘れてはいけない。

 取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【記事】「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」
【関連記事】
「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」
平壌開催中止は南野拓実も「初めて」の緊急事態。ただ、「おそらく平壌での試合が僕らにとって…」
【セルジオ越後】ドイツ相手に4点を奪った攻撃力はどこに? 北朝鮮が健闘したというより日本が不甲斐なかった
「怒りで主審を取り囲んだ!」森保ジャパンを追い詰めた北朝鮮代表の健闘を韓国メディアが評価!「2次予選にVARはない」
よもやの平壌開催白紙。北朝鮮戦後に知った主将の遠藤航はどう受け取った?「とにかくやるつもりで準備する」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ