• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後】ドイツ相手に4点を奪った攻撃力はどこに? 北朝鮮が健闘したというより日本が不甲斐なかった

【セルジオ越後】ドイツ相手に4点を奪った攻撃力はどこに? 北朝鮮が健闘したというより日本が不甲斐なかった

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月22日

サッカーの魅力が見られない。内容は乏しかった

北朝鮮に付き合う形になってしまった日本だけど、何とか勝利したね。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 北中米ワールドカップのアジア2次予選で、森保ジャパンは北朝鮮と国立で対戦。1-0で勝利した。

 開始2分に勢いのある攻撃から田中のゴールで先制。ホームチームらしい立ち上がりだったけど、徐々にペースダウンしてしまった。

 後半になると、ギアを一段階上げて気合の入ったプレーをしてきた北朝鮮に押し込まれた。北朝鮮はFIFAランキングが114位で、18位の日本とは大差がある。しかも、プロリーグがなく国際経験も少ない。そんな格下のチームが、ある程度ラフになるのは仕方ない面があるけど、日本もそれに付き合う形になってしまった。

 互いに、ボールの蹴り合いに終始。気持ちばかりが前面に出て、パスワークや展開力といったサッカーの魅力が見られない。内容は乏しかった。

 日本は攻撃の時にグラウンドを狭く使う形になり、サイドチェンジなどが少なく、ダイレクトパスや組み立ても上手くいかなかった。だから、相手は厳しい守備をすれば対応できた。ドイツ相手に4点を奪った攻撃力はどこに行ってしまったのか。
【PHOTO】日本代表の北朝鮮戦出場16選手&監督の採点・寸評。及第点を上回ったのは4人、最高点は決勝弾の田中碧
 後半に遠藤や谷口を投入したのは、守備を重視したからに見えた。森保監督が終了間際にしきりに時計を見ていたのも気になった。何とか逃げ切って、やれやれといった感じだった。

 北朝鮮のレベルは想定内で、相手が健闘したというよりは日本が不甲斐なかったと言っていいだろう。横綱になれなかったね。

 残念ながら、イラクとイランに敗れてベスト8に終わったアジアカップで得た教訓を活かせていなかった。攻守ともに課題が多く残った。アジアの2次予選で苦しんでいるようでは、ワールドカップのベスト8は難しいよ。

 次は平壌での試合が予定されていたけど、中止になった。中立地での開催になるのかな。試合ができるとしたら、勝利は最低限のノルマ。しっかりと力の差を見せつけてほしいね。

【著者プロフィール】
セルジオ越後(せるじお・えちご)/1945年7月28日生まれ、78歳。ブラジル・サンパウロ出身。日系ブラジル人。ブラジルではコリンチャンスやパウリスタなどでプレー。1972年に来日し、日本では藤和不動産サッカー部(現・湘南ベルマーレ)で活躍した。引退後は「さわやかサッカー教室」で全国を回り、サッカーの普及に努める。現在は解説者として、歯に衣着せぬ物言いで日本サッカーを鋭く斬る。

【記事】「物足りない大苦戦!」北朝鮮に1-0勝利の森保ジャパンに韓国メディアが独自見解!「辛くも3ポイントを掴んだ」

【記事】「怒りで主審を取り囲んだ!」森保ジャパンを追い詰めた北朝鮮代表の健闘を韓国メディアが評価!「2次予選にVARはない」

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
【関連記事】
「物足りない大苦戦!」北朝鮮に1-0勝利の森保ジャパンに韓国メディアが独自見解!「辛くも3ポイントを掴んだ」
「怒りで主審を取り囲んだ!」森保ジャパンを追い詰めた北朝鮮代表の健闘を韓国メディアが評価!「2次予選にVARはない」
「不戦勝の可能性ある?」「どうなっちゃうの?」森保ジャパンのアウェー北朝鮮戦、直前での平壌開催中止にファン混乱「似てるから平塚でやろう」
「今朝、突然AFCに対して...」北朝鮮戦の平壌開催が急遽中止に。田嶋幸三会長が明言「平壌でやらないと決まった」
動揺は? 「平壌開催中止」を受けての久保建英の反応

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ