• トップ
  • ニュース一覧
  • 平壌開催中止は南野拓実も「初めて」の緊急事態。ただ、「おそらく平壌での試合が僕らにとって…」

平壌開催中止は南野拓実も「初めて」の緊急事態。ただ、「おそらく平壌での試合が僕らにとって…」

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年03月22日

「選手たちよりもスタッフのほうが…」

試合後、平壌開催中止を受けて感想を述べてくれた南野。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 2024年3月21日、北中米ワールドカップのアジア2次予選で北朝鮮代表と対戦した日本代表が1-0と勝利したあと、衝撃のニュースが舞い込んできた。同26日に予定されていたアウェー北朝鮮戦の平壌開催中止が決まったのだ。

 この緊急事態を知らされた南野拓実は平壌開催白紙について聞かれるとまず「できる準備をするだけ」と回答。続けて「どうなるか分からないので、とりあえずしっかりリカバリーすることに努めたい」とコメントした。

 どこで試合をやるかも不透明、そもそもゲームが行なわれるかも怪しくなってきた状況である。不安はないのか?

「なでしこジャパンも似たような状況というのは聞いていたし、メンタル的な準備はチームとしていたので、どうなっても良い準備をしたいです。おそらく平壌での試合が僕らにとって一番難しいシチュエーションだったと思うので、はい、とにかく良い準備をしたいですね」

 たまらず、訊いてみた。「クラブシーンも含め、ここまで試合会場が決まらないことはありましたか?」と。すると、南野は「初めてです」と即答。

「そういう可能性があり得るというのは分かっていたし、選手たちよりもスタッフのほうがバタバタしているはずなので、どうなるか見守るしかないです」
 
 アジアカップ後、中0日で試合をした経験がある南野。その時はどうメンタルを整えたのか。

「(メンタル的に)なるべく早く試合をやったほうがいいと思っていて、あの時は。チームのスタッフに連絡して、試合に出れる可能性があって、監督が使ってくれるなら帰りたいと。そういう話し合いをしました」

 どうなるのか分からない状況は「相手も一緒」だという南野は再度、「良い準備をするだけです」とその点を強調していた。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【記事】よもやの平壌開催白紙。北朝鮮戦後に知った主将の遠藤航はどう受け取った?「とにかくやるつもりで準備する」
【関連記事】
【日本1-0北朝鮮|採点&寸評】ホームで予想以上の苦戦。及第点を上回ったのは4人のみ。最高点はMOMの...
動揺は? 「平壌開催中止」を受けての久保建英の反応
「今朝、突然AFCに対して...」北朝鮮戦の平壌開催が急遽中止に。田嶋幸三会長が明言「平壌でやらないと決まった」
「不戦勝の可能性ある?」「どうなっちゃうの?」森保ジャパンのアウェー北朝鮮戦、直前での平壌開催中止にファン混乱「似てるから平塚でやろう」
「怒りで主審を取り囲んだ!」森保ジャパンを追い詰めた北朝鮮代表の健闘を韓国メディアが評価!「2次予選にVARはない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ