• トップ
  • ニュース一覧
  • 「キャリアの終焉を免れたのは幸運だった」躍動した三笘薫への“殺人タックル”をブライトン番記者が批判。敵サポーターからのブーイングには苦言「信じられない」【現地発】

「キャリアの終焉を免れたのは幸運だった」躍動した三笘薫への“殺人タックル”をブライトン番記者が批判。敵サポーターからのブーイングには苦言「信じられない」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リッチー・ミルズ

2024年02月22日

飛車角のような存在が戻ってきた

危険なタックルを受けながらも躍動した三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 2月18日にアウェーのブラモール・レーンで行われたシェフィールド・ユナイテッド戦。ブライトンが5-0で大勝したこの試合で、三笘薫は幸運にもキャリアが終焉するのを免れることができた。

 11分のメイソン・ホルゲイトのファウルはそれほど悪質だった。ホルゲイトの右足は日本代表の左ひざ上のあたりを捉え、これに対して、レフェリーはイエローカードを提示した。しかしビデオ判定が終了すると、瞬く間にレッドカードへと変わったのだった。

 危険極まりないこのタックルについて、スカイスポーツで解説を務めた元イングランド代表のジェイミー・レッドナップは「あれは暴力行為だ。私が見た中でも、過去数年で最も悪いタックルだった。ミトマがどうやって脚を後ろへ引くことができたのか、分からない。しかしそれができて本当に良かった。できていなければ、彼のキャリアは確実にエンドを迎えていたはず」と説明した。

【動画】「ここ数年で最悪」元イングランド代表が猛批判した三笘への危険すぎるタックル
 本当に幸運なことに、三笘は大けがを負うことはなかった。そしてブライトンはこの数的優位を利用し、ファクンド・ブオナノッテ、ダニー・ウェルベック、相手DFジャック・ロビンソンのオウンゴール、さらにサイモン・アディングラの2ゴールによって圧勝を手にすることができた。2024年に入ってリーグ戦ではまだ2勝目、それだけに非常に重要な勝利を掴んだのである。

 開始直後から、ブライトンの攻勢が続く試合だった。左サイドの三笘に、右サイドのアディングラ。特に後者は、コートジボワール代表の一員としてアフリカ・ネーションズカップで優勝を果たしており、勢いに乗っている。

 彼らのいなかった6週間。両翼にはスピードとテクニックが圧倒的に欠落していた。しかし飛車角のような存在が戻ってきた。チームに欠かせない2人が復帰したブライトンを、最下位に低迷し、一人選手が少なくなったシェフィールド・Uが止められるはずがなかった。

 開始直後の3分には、三笘が右ウィングバックのジェイデン・ボーグルを軽々とかわしてクロスを中央へ入れたが、ディフェンダーにブロックされてコーナーキックとなった。さらに直後の逆サイドでは、今度はアディングラがヤッセル・ラルーシを悩ませていた。
【関連記事】
「レッドではない」英国中を震撼させた三笘薫への危険タックル、相手主将がまさかの“逆切れ”「退場で試合が台無しに」「正当だった」
「受け入れるのが難しかった」三笘薫へ危険タックルの英DFが人種差別被害。所属クラブは「誹謗中傷を非難する」
「正直、懸命にボールを蹴ろうとしただけ」三笘薫への悪質タックル、元Jリーガーが“加害者”をまさかの擁護。海外メディアは「驚きだ」
「エンドウは好きじゃない」絶賛相次ぐ遠藤航を元イングランド代表MFがまさかの批判!その理由は?
「危なかった。僕も大丈夫かなと...」三笘薫は危険タックルに何を思った?2点演出も遠ざかるゴール「見てくれる人は見てくれている」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ