• トップ
  • ニュース一覧
  • 「危なかった。僕も大丈夫かなと...」三笘薫は危険タックルに何を思った?2点演出も遠ざかるゴール「見てくれる人は見てくれている」【現地発】

「危なかった。僕も大丈夫かなと...」三笘薫は危険タックルに何を思った?2点演出も遠ざかるゴール「見てくれる人は見てくれている」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

松澤浩三

2024年02月21日

「場所違ったんで良かったですけど...」

シェフィールド・U戦で奮闘した三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 2月18日のプレミアリーグ第25節で、ブライトンは敵地ブラモール・レーンでシェフィールド・ユナイテッドを5―0で一蹴した。

 4-2-3-1の左サイドハーフとして先発出場した三笘薫は、76分までプレー。プレミアの舞台では久々ともいえる“らしい”プレーを連発して、大勝に貢献した。

 序盤からシーガルズ(ブライトンの愛称)は最下位に沈むシェフィールド・Uを圧倒、脆弱な相手守備陣に執拗に攻め立てた。三笘も攻撃の中心で敵のゴールに襲い掛かり、前半3分には、早速左サイドから切り込んで左足で中央に折り返す。しかしボックス内に走りこんだダニー・ウェルベックよりも一足先にディフェンダーがボールにたどり着いてコーナーキックとなる。

 さらに8分後の11分。試合の行方を大きく左右する場面が訪れる。左サイドでボールを受けた三笘が対峙した相手の右ウイングバック、ジェイデン・ボーグルを軽快なドリブルで抜き去る。だがその直後、空いたスペースのカバーリングに入ったメイソン・ホルゲイトが背番号22に激しくチャージ。ホルゲイトの右足の裏は左太もも内側を捉え、三笘はピッチに倒れ込んだ。危険なタックルを仕掛けたホルゲイトは無論、一発退場となった。
【動画】「ここ数年で最悪」元イングランド代表が猛批判した三笘への危険すぎるタックル
 試合後に三笘自身が「ちょっと危なかったっすね。僕も大丈夫かなと思いましたけど、ギリギリ...。ちょっと場所違ったんで良かったですけど...」と振り返ったとおり、一歩間違えれば大けがにつながる悪質なタックルだった。

 それでもプレーを続行した26歳は、その後も随所で好プレーを見せた。数的優位となり、20分にはファクンド・ブオナノッテがあっさりと先制点を奪う。そして1点リードして迎えた24分、右サイドからのグロスのクロスをファーに走りこんだ三笘が滑り込みながらシュート。ゴールキーパーに阻まれたが、弾いたボールをウェルベックが押し込んで2点目を奪った。

 後半に入ってもシーガルズの攻勢は衰えない。61分には、試合を通じて苦しめ続けたボーグルを三笘が再び置き去り。ゴールラインぎりぎりまでドリブルし、角度のないところから右足でシュートを試みるも、GKにセーブされて9月下旬以来の約5か月ぶりのゴールとはならなかった。
【関連記事】
「レッドではない」英国中を震撼させた三笘薫への危険タックル、相手主将がまさかの“逆切れ”「退場で試合が台無しに」「正当だった」
「正直、懸命にボールを蹴ろうとしただけ」三笘薫への悪質タックル、元Jリーガーが“加害者”をまさかの擁護。海外メディアは「驚きだ」
「ここ数年で最悪」「暴行だ」三笘薫の左膝に直撃した悪質タックルを元英代表MFが痛烈批判「彼のキャリアは終わっていたかもしれない」
「ミトマにボロボロに走らされた」「最大の犠牲者」三笘薫にチンチンにされた英DFを現地メディアが酷評「ここまでボコボコにされるのは恥ずかしい」
「エンドウは好きじゃない」絶賛相次ぐ遠藤航を元イングランド代表MFがまさかの批判!その理由は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ