• トップ
  • ニュース一覧
  • 脇坂泰斗が海外移籍より川崎残留を選んだ理由。勝負の2024年への強い覚悟【スペシャルインタビュー前編】

脇坂泰斗が海外移籍より川崎残留を選んだ理由。勝負の2024年への強い覚悟【スペシャルインタビュー前編】

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2024年02月19日

これまでにないオフを過ごした先に――

2024年への想いを語ってくれた脇坂。今季も川崎のキーマンとなる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 14番を背負い、今季は新キャプテンに就任。まさに川崎の顔となった脇坂泰斗が新シーズンに懸ける想いとは。去就が注目されたオフを含め、2024年への決意を語ってもらったインタビューの前編をお届けする。

――◆――◆――

 まさに激動。

 2024年の川崎フロンターレのオフはそう捉えられるだろう。

 クラブ在籍15年の左SB登里享平、不動の右SB山根視来、要所でチームを救ったCB山村和也ら、これまでチームを支え続けた選手たちが新たなチャレンジへ移籍を決断。一方で、G大阪から技巧派MF山本悠樹、売り出し中の左SB三浦颯太、オランダで経験を積んできたSBファンウェルメスケルケン際ら楽しみな新戦力を加え、チームは再スタートを切ったのだ。

 そのなかで、何よりも関係者を安堵させたのは、伝統の14番を背負うMF脇坂泰斗の残留に違いない。

 今や3年連続でのJ1ベストイレブンに選ばれるなど、押しも押されもせぬクラブの顔となった男である。しかも昨季はチームが8位に甘んじたなかでのベストイレブン選出。彼の躍動ぶりがいかに多くの人の目にとまったのかが分かる。昨季の佳境、脇坂も手応えを口にしていた。

「今は相手や味方を思うように動かせていると言いますか、例えばターンして逆を取ったシーンも『そうだよね、こうできるよね』と前もって“分かる”ようになっている。相手は『やられた』と思っているかもしれませんが、自分では誘っているくらいの感覚で。ポジションについた時点で、未来が分かっているという時もあるほどです。相手が取りに来た時に『よしよし、やっぱりこっちに取りにきたから、じゃあこっちにいく』みたいな」

 この言葉に象徴されるように、選手としてワンステージも、ツーステージもレベルを上げた印象である。だからこそ、今の移籍市場ではタイミングがやや遅いのかもしれないが、この28歳に海外移籍の噂が持ち上がっても不思議ではなかった。昨年末、一部報道ではクロアチアの名門・ディナモ・ザグレブがオファーを出したとも伝えられたのだ。

【PHOTO】まずは一冠!国立競技場で力強い声援を送り続けた川崎フロンターレサポーターを特集!(Part1)
 
 脇坂も自身の進むべき道を大いに悩んだ。

「正直な話をすると、オフは頭が全然休まらなかったですね。例えば家族旅行の間にもふとした瞬間に『どうしようかな』と考えてしまって。妻といろいろ話もしました。その意味ではずっと気持ちに波があったような感覚で、こんなオフは初めてでした」

 常に成長し続けたいとの想いが強い男である。海外での挑戦を選択すれば選手としての幅を広げられるに違いない。一方で、川崎でまだやるべきこともある。“止める・蹴る”をベースにした技術力は川崎だからこそ高められるはずで、アカデミー育ちとして大好きなクラブの未来も気になる。

 特に川崎は世代交代の真っ只中。2023年はリーグ戦では大いに苦しんだ。一方で年末には天皇杯を制覇。脇坂にとっては14番として手にした初のタイトルだった。

「一昨年(2022年)はひとつもタイトルを取れず、2年連続での無冠は、フロンターレの歴史が続くうえで、あってはならないことだと思っていました。だから、1年苦しんだご褒美ではないですが、ホッとしたというのが正直な気持ちですね。より背負っていたものがあった1年だったので、個人的にはこれまでとはまた違ったタイトルになりました。最後にみんなで掴み取れて本当に良かったです」

 試合後には涙を止めることができなかった。

「楽になったというか、やっといろいろ悩んだ1年が終わったんだと言いますか。張り詰めていたものが、溢れたという感じでした」

【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!

【記事】「とっても華やかです」国立にJクラブチアが大集合!「アビチアちゃん完全優勝」「袖あってよかった」などの声

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブのチアリーダーを一挙紹介!
 
【関連記事】
味方への要求、川崎らしさの提示。新キャプテン・脇坂泰斗が目指すJリーグで突き抜けた存在への挑戦【スペシャルインタビュー後編】
ソシエダ指揮官、久保建英が謝罪した失点に激怒した「理解できない」発言を釈明。「チーム全体に対するメッセージだった」
なぜ冨安健洋はアジア杯帰還後2試合連続でメンバー外となったのか。アーセナル地元メディアが報道「問題を抱えている」
富士フイルムスーパーカップ制覇に大貢献のFW山田新。盟友・宮代大聖との特別なマッチアップも実現
神戸のエース大迫勇也を完封。川崎のCBの大器・高井幸大が見せた逞しき成長と鬼木達監督との熱いハイタッチ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ