• トップ
  • ニュース一覧
  • 「決してやってはいけないプレー」一発レッドのマリノス松原健が謝罪と猛省「本当に申し訳ありませんでした」

「決してやってはいけないプレー」一発レッドのマリノス松原健が謝罪と猛省「本当に申し訳ありませんでした」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月15日

「試合後すぐに相手選手に謝罪をしました」

終了間際に危険なタックルで退場処分となった松原。(C)Getty Images

画像を見る

 危険なタックルで一発レッド――。横浜F・マリノスの松原健が自戒を込めて発信した。

 横浜は現地2月14日、アジア・チャンピオンズリーグのラウンド16第1レグで、タイのバンコク・ユナイテッドと対戦。2-1とリードして迎えた後半アディショナルタイムに失点し、2-2の引き分けに終わった。

 この試合に右SBで先発した松原は90+6分、後方から体当たりして自身からボールを奪った相手選手に対し、激しいスライディングで奪い返しにいく。このプレーに主審はレッドカードを提示した。
【動画】松原健が一発レッドで退場。横浜のバンコク・U戦ハイライト
 試合後、松原は自身の公式Xを更新。次のように綴った。

「先ず最初に今日の試合でのプレー。どんな理由があろうと決してやってはいけないプレーでした。本当に申し訳ありませんでした。試合後すぐに相手選手に謝罪をしました」

 さらに「そして沢山のサポーターが来てくれた中でのあのプレー1つでマリノスのエンブレムを纏って一緒に戦ってくれてる皆さんの顔に泥を塗ってしまいました」と続けて、「また今年はチームをまとめる役割を担う立場にありながらあのプレーは絶対やってはいけません。今一度自分を見つめ直し猛省します。本当に申し訳ありませんでした」と投稿を締めくくった。

 敵地で悔しいドロー決着も、勝点1を持ち帰った横浜。ホームで迎える第2レグは2月21日に行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「本当に理解できない」久保建英が謝罪した“失点関与”をスペイン大手紙が糾弾「どうして日本人はこんなことになってしまったのか」
 
【関連記事】
敵地で悔しいドロー決着。マリノス渡辺皓太は次こそ勝利を誓う「ホームではまったく別物の試合を見せられると思う」【ACL】
「本当に理解できない」久保建英が謝罪した“失点関与”をスペイン大手紙が糾弾「どうして日本人はこんなことになってしまったのか」
「CLであんな失点はあり得ない」久保建英のミスから献上した先制点にソシエダ指揮官は嘆き「起こってはいけない」「非常に痛かった」
マリノス新監督キューウェルはどんなキャラクター? 宮崎キャンプで水沼宏太らに直撃「笑う時はすごい笑う」「あれだけ偉大な選手が…」
「僕がマリノスを離れたらタイトルを獲り、帰ってきたら...」飯倉大樹が自虐的な発言も、不屈の守護神が踏ん張ったからこそ、横浜の今があるはずだ【コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ