• トップ
  • ニュース一覧
  • 「CLであんな失点はあり得ない」久保建英のミスから献上した先制点にソシエダ指揮官は嘆き「起こってはいけない」「非常に痛かった」

「CLであんな失点はあり得ない」久保建英のミスから献上した先制点にソシエダ指揮官は嘆き「起こってはいけない」「非常に痛かった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月15日

「その瞬間までは満足で誇りに思っていた」

久保のミスから献上した先制点を悔やんだアルグアシル監督。(C)Getty Images

画像を見る

 久保建英を擁するレアル・ソシエダは現地2月14日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16第1レグで、フランスの強豪パリ・サンジェルマンと敵地で対戦し、0-2で敗れた。

 久保の奮闘もあり、前半は互角以上の戦いを見せていたソシエダだが、58分に献上した先制点が試合の流れを大きく変えた。

 相手のCKからマルキーニョスの背中に当たったボールをファーサイドにいたキリアン・エムバペに押し込まれたのだ。この場面では、右SBアマリ・トラオレが怪我の治療のためにピッチの外に出ていて1人少ない状況で、さらに久保がエムバペのマークを外してしまっていた。
【動画】「僕のミス」久保が謝罪したエムバペの先制点
 スペインメディア『El Desmarque』によれば、久保本人が試合後に「僕のミス」と謝罪したこの失点について、ソシエダのイマノル・アルグアシル監督は試合後、「我々は彼らに先制点を与えてしまったが、それは起こってはいけないことだったと思う。これはチャンピオンズリーグのPSGとの試合で、重要な0-0の状況で、我々は一人少ないところであのゴールを許した」と嘆いた。

「それまでは間違いなく接戦だったので、あのゴールは我々にとって非常に痛かった。アマリ自身がピッチから退いてしまった」

 指揮官は「あのゴールまでは素晴らしい試合をしていた。あんな失点はあり得ない。チャンピオンズリーグの準々決勝進出を目ざして戦っている偉大なチームが、あのような失点を理由に試合を去ることはできない。その瞬間までは満足で誇りに思っていたが、その瞬間からはそうではない」と厳しい言葉を続けた。

 それでも、「先制点までに我々がやってきたことをやれば、セカンドレグでは彼らを困難な状況にできると考えている」とも話し、現地3月5日にホームで開催される第2レグでの逆転を誓った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「本当に理解できない」久保建英が謝罪した“失点関与”をスペイン大手紙が糾弾「どうして日本人はこんなことになってしまったのか」
 
【関連記事】
「本当に理解できない」久保建英が謝罪した“失点関与”をスペイン大手紙が糾弾「どうして日本人はこんなことになってしまったのか」
「感動的な謝罪」「誠実だ!」失点直結のミスを詫びた久保建英を対戦国メディアが称賛!「躊躇ない」
「僕のミス」「罪悪感を感じる」久保建英、マークを外したエムバペに奪われた先制点を謝罪「彼は速いので、すでに2M離れていた」
「前半はPSG守備陣にとって悪夢」パリ相手に奮闘した久保建英、スペインメディアは“7点”の高評価!「日本人は攻撃で非常に鋭かった」
「クボは息子の友達のような存在なんです」なぜ久保建英は韓国のメディアから注目を浴びるのか。同国記者が明かした理由

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ