【J1】李忠成の今季初ゴールで先制し、興梠が追加点! 湘南を下した浦和が2位をキープ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年03月20日

ACLの疲労を感じさせないハイパフォーマンスを披露

李(20番)がミドルで先制点。果敢にシュートを放つ姿勢がゴールを生んだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1第1ステージ・4節の湘南対浦和が3月20日、Shonan BMWスタジアム平塚で行なわれ、アウェーの浦和が2-0で勝利した。

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・4節 湘南 0-2 浦和

 浦和は41分、柏木の横パスを受けた李のミドルが湘南DFのA・バイアに当たってコースが変わり、これがネットを揺らして先制。さらに、55分に中央をコンビネーションで鮮やかに崩し、柏木のラストパスから興梠が2点目を沈めた。
 
 また、ウイングバックの関根やCBの森脇らも好プレーを披露。ミッドウイークに行なわれたACL・アウェー広州恒大戦の疲労を感じさせないパフォーマンスを90分間に渡って維持した。
 
 一方の湘南はアグレッシブな浦和の姿勢に押し込まれ、持ち味を発揮できず。終盤に途中出場したルーキーの神谷が、果敢にゴールを狙ったが実らなかった。その神谷がJデビューながらシュート2本と、将来性を感じさせるプレーを見せたのは数少ない収穫か。
 
 浦和は3勝1敗とし、4節終了時で2位をキープ。湘南は未勝利の2分2敗で16位に沈んだ。
 
【関連記事】
【ACL】浦和が興梠慎三の鮮烈ゴールで、アジア王者の広州恒大に劇的ドロー!
【浦和】「ハリルさんにも“あれ”はダメだと言われて…」。興梠が示した1トップとしての意地
神谷優太が青森山田高で学んだこと。「だから湘南で結果を出さなければいけない」
【日本代表】3月シリーズに挑む24人の「全ポジション序列争い」をチェック! CBの格付けで吉田を蹴落とすのは……
中村俊輔、本田圭佑、柴崎岳らが背負う"ナンバー10の使命"――ジーコ元日本代表監督が、中村を使い続けた理由とは
【3.24アフガニスタン戦のスタメン予想】本田、香川、長友、吉田はベンチスタート!? トップ下は“ハリルホジッチ推薦”の原口で、国内組が多用される可能性も

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ