【ACL】浦和が興梠慎三の鮮烈ゴールで、アジア王者の広州恒大に劇的ドロー!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年03月16日

総勝点4で浦項と並び2位タイに。次戦は4月5日、ホームで再び広州恒大戦。

広州恒大2(2-0、0-2)2浦和 得点者:広=グラル(6分、14分) 浦和=武藤(30分)、興梠(89分)

画像を見る

先制点を決めた武藤。ゴール前での動きには常に鋭さがあった。写真:ゲッティイメージ

画像を見る

 浦和がACLグループステージ3節、アウェーで広州恒大と対戦し、2-2で引き分けた。
 グループHの別カードは、シドニーが1-0で浦項に勝利。これで浦和は浦項と総勝点4で並び2位タイに。順位は当該試合の結果が得失点差より優先されるため、浦項が2位、浦和が3位となっている。浦和は次戦、4月5日にホームで再び広州恒大と対戦する。

 試合開始早々、CKから微妙な判定でズラタンが相手を倒したとして、PKを与えてしまう。これを元ブラジル代表のリカルド・グラルに決められ先制点を献上。さらに14分、約55億円(4200万ユーロ)で今季アトレティコ・マドリーから広州恒大に加入したジャクソン・マルティネスの個人技で崩されたあと、再びリカルド・グラルにシュートを突き刺され、0-2とされる。

 しかし、その後、浦和はシャドーの柏木と武藤にボールが収まり出して、主導権を握る時間帯が増える。すると30分、柏木のCKからGKゾン・チョンのパンチングミスを誘発し、ゴール前に詰めていた武藤がしっかり押し込み1点差とする。

 後半途中、浦和は興梠と李を同時投入。シャドーで先発していた柏木がボランチに入るなど攻撃的な布陣にして、1点を奪いに行く。66分、森脇のアーリークロスに興梠がフリーでヘディングシュートを放ったが、ゴールの枠を捉え切れない。

 アウェーチームは最後の交代カードを切り、駒井をピッチに送り出す。より前掛かりになって迎えた89分、槙野のオーバーラップからのクロスをズラタンがポストプレーから落とす。すると「ズラタンがいいボールを出してくれた」と興梠が狙い澄ましたシュートを突き刺し、土壇場で2-2の同点に追い付いてみせた。

 グループHは、首位のシドニー(総勝点6)から最下位の広州(総勝点2)まで勝点4差にひしめく大混戦となっている。
【関連記事】
【浦和】柏木陽介が語る「歴代最強の10番 」。中村俊輔、本山雅志、そして“あのストライカー”
【浦和】「ハリルさんにも“あれ”はダメだと言われて…」。興梠が示した1トップとしての意地
【ACL】高速アタックが炸裂! 浅野の2発を含む3得点で広島が快勝
【リオ五輪代表】いよいよ始まるサバイバル! ポルトガル遠征に招集された22選手の実力・コンディションは?/MF&FW編
【浦和】必然の大ブーイング。小林祐希に「逃げていた」とまで言われ、悔しくないか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ