• トップ
  • ニュース一覧
  • ブラジル人記者がアジア杯ベスト11を発表! 日本から唯一入った選手は?「他に見たことがない」「名を挙げるつもりはなかった」

ブラジル人記者がアジア杯ベスト11を発表! 日本から唯一入った選手は?「他に見たことがない」「名を挙げるつもりはなかった」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月12日

決勝を戦ったカタールとヨルダンから最多3人

日本は悔しい準々決勝敗退に終わった。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 1月12日に開幕したアジアカップ2023は、2月10日に決勝が開催され、開催国カタールの連覇で閉幕した。

 屈指のアジア通で知られるブラジル人記者、チアゴ・ボンテンポ氏はSNSで、「アジアカップの全試合を見たうえでの私の選択」と綴り、個人的なベストイレブンを紹介した。

 フォーメーションは3-5-2で、ダブルボランチの一角に、日本代表からは唯一となる遠藤航を抜擢。「日本人選手の名前を挙げるつもりはなかったが、ワタル・エンドウほどハードに戦ったMFは他に見たことがない」と説明した。

 左サイドハーフには、決勝でPKのみでハットトリックを達成するなどし、得点王&MVPに輝く大活躍を見せたアクラム・アフィフを選出。「文句なしのMVP。他の選手をはるかに凌ぐパフォーマンス」と大絶賛だ。

 そのほか、「プレーパターンのない雑然とした韓国を、(イ・ガンインの助けもあって)真の才能だけで本来いるべき場所以上に前進させた」ソン・フンミン、「ゴール前で最も決定的」で日本相手に2発を叩き込んだアイメン・フセインなどをチョイスした。
【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!
 母国の大手メディア『Globo』などに寄稿するボンテンポ記者による、アジアカップ2023ベストイレブンは以下の通り。優勝したカタールと準優勝のヨルダンから、最多の3人が入った。

GK
メシャール・バルシャム(カタール)

DF
ゾイル・ジュラバエフ(タジキスタン)
ヤザン・アル・アラブ(ヨルダン)
ルーカス・メンデス(カタール)

MF
ジャクソン・アーバイン(オーストラリア)
遠藤航(日本)
ムサ・アル・ターマリ(ヨルダン)
ソン・フンミン(韓国)
アクラム・アフィフ(カタール)

FW
ヤザン・アル・ナイマト(ヨルダン)
アイメン・フセイン(イラク)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】[本田泰人の眼]アジアレベルで8失点...W杯で優勝など夢物語だ。SBの人選は見直すべき。私が監督なら右は酒井宏樹だ【アジア杯】

【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!

【記事】「選手を並べているだけ」韓国人記者が糾弾したクリンスマン監督の“放任采配”「韓国式の指導も必要」【現地発】
 
【関連記事】
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通。でも…」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出
「森保さんが注意しないと」闘莉王が日本代表ベテランの“行為”に苦言 「すごく気になっている」
「言ったなぁと思いますけど」内田篤人、イラン戦後の守田英正の発言に見解「選手の感覚とか意見はすごく大事」
よもやの大ブーイング。アジアカップの表彰式で見た“異様な光景”【現地発】
「日本はまるでブラジルのようだった」“史上最高の陣容”で8強敗退。森保Jの姿は優勝したカタールの記者の目にどう映ったか。「ドイツに勝ったチームが...」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ