よもやの大ブーイング。アジアカップの表彰式で見た“異様な光景”【現地発】

カテゴリ:国際大会

江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

2024年02月11日

カタールにPKを3度も与える

表彰を受ける審判団。左から5人目がマー・ニン主審。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 アジアカップ2023は、決勝で開催国のカタールがヨルダンを3-1で下し、連覇を達成して幕を閉じた。

 マー・ニン主審の長いホイッスルが鳴ると、カタールの選手たちは喜びを爆発。崩れ落ちるヨルダンの選手との明暗がくっきりと分かれた。

 その後の表彰式で、よもやの大ブーイングを浴びたのがそのマー・ニン主審だ。中国人レフェリーはカタールにPKを3度も与えていた。おそらくは、試合中から野太い声を出していたヨルダンサポーターから送られたものだったのだろう。
【動画】カタールFWアフィフがPKのみでハット達成!! 話題の手品パフォも!
 両チームがメダルをもらう前に審判団が表彰台に上がると、8万6492人が詰めかけたルサイル・スタジアムはブーイングに包まれた。

 開催国にとっては優位となるジャッジをしてこの洗礼。少し異様な光景だった。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

【記事】なぜ日本や韓国がいる中でカタールは連覇できたのか」母国メディア記者の回答は?「誰もが疑っていたけど...」【現地発】

【記事】まさかのPKで3失点。机を叩いていたヨルダン人記者は茫然「...何も言いたくない」【現地発】

【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!
【関連記事】
まさかのPKで3失点。机を叩いていたヨルダン人記者は茫然「...何も言いたくない」【現地発】
「名ジャッジで光り輝く!」アジアカップ決勝で“3つのPK”を与えた中国人主審を母国メディアがベタ褒め!「もはやアジアの宝」「手本となる誇りだ」
「なぜ日本や韓国がいる中でカタールは連覇できたのか」母国メディア記者の回答は?「誰もが疑っていたけど...」【現地発】
無言のヨルダン戦士に拍手の後...取材エリアに怒号が飛び交った驚きの理由「カタールの選手は全員、ここには来ません」【現地発】
「なぜ日本に1-6で惨敗したヨルダンが決勝に?」母国記者が納得の回答「この試合のおかげで韓国と...」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ