• トップ
  • ニュース一覧
  • 「なぜ日本や韓国がいる中でカタールは連覇できたのか」母国メディア記者の回答は?「誰もが疑っていたけど...」【現地発】

「なぜ日本や韓国がいる中でカタールは連覇できたのか」母国メディア記者の回答は?「誰もが疑っていたけど...」【現地発】

カテゴリ:国際大会

江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

2024年02月11日

「勝てるチームだということを皆に証明したんだ」

見事に連覇を達成したカタール。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 現地2月10日に行なわれたアジアカップの決勝で、開催国のカタールが、初優勝を狙うヨルダンと対戦。3-1で勝利し、連覇を達成した。

 20分にアクラム・アフィフが自ら得たPKを決めて先制したカタールは、後半に押し込まれ、67分にヤザン・アル・ナイマトのシュートで被弾。同点に追いつかれる。

 しかし、その3分後、イスマイル・モハマドがペナルティエリア内で倒され、再びPKを獲得。これをアフィフが決めて勝ち越しに成功する。さらに90+3分にも、アフィフがボックス内でGKに倒され、三度PKをゲット。アフィフがハットトリックとなるキックを突き刺し、勝負を決めた。
【動画】アフィフ、PKのみでハット達成! 話題の手品パフォも!
 試合後、カタールメディア『QATAR NEWS AGENCY』のサラト・アリ記者に「日本や韓国のような強豪国がいるなかで、なぜカタールは連覇をできたのか?」と尋ねると、こう回答した。
 
「優勝を称えてくれて、ありがとう。徐々に調子を上げていったのが良かったね。(レバノン、タジキスタン、中国と同居した)グループステージがそれほど厳しい組でなかったのが幸いしたよ。彼らは、(3連勝したが)いいパフォーマンスではなく、誰もが勝ち進むのを疑っていたからね」

 同記者は「だけど、徐々に改善していき、チームは決勝トーナメント入ってから、素晴らしい試合をした。勝てるチームだということを皆に証明したんだ」と言葉を続け、興奮気味にこう締め括った。

「選手たちとチームで働くすべての人たちに祝福を送りたい。彼らは優勝に値する。みんなで勝ち取ったんだ。みんなに感謝している。ありがとう」

 2019年大会の決勝で日本を破ったのと同じスコアでダークホースを下し、ホスト国が戴冠を果たした。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

【記事】[本田泰人の眼]アジアレベルで8失点...W杯で優勝など夢物語だ。SBの人選は見直すべき。私が監督なら右は酒井宏樹だ【アジア杯】

【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!

【記事】「選手を並べているだけ」韓国人記者が糾弾したクリンスマン監督の“放任采配”「韓国式の指導も必要」【現地発】
 
【関連記事】
まさかのPKで3失点。机を叩いていたヨルダン人記者は茫然「...何も言いたくない」【現地発】
よもやの大ブーイング。アジアカップの表彰式で見た“異様な光景”【現地発】
「初めて見たかも」「しかも決勝で!」連覇カタールのアフィフ、“PKハット”にファン驚き!「藤田俊哉しかしらん」【アジア杯】
「なぜ日本に1-6で大敗したチームが決勝に進めたのか」韓国を撃破したヨルダン戦士たちの回答は?「日本は強かった。だけど...」【現地発】
「なぜ日本に1-6で惨敗したヨルダンが決勝に?」母国記者が納得の回答「この試合のおかげで韓国と...」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ