• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ボールを握るのが怖い」無力だったイラン戦の後半、日本代表に何が起きていたのか。選手たちの証言「打開策が全く見えなかった」【現地発】

「ボールを握るのが怖い」無力だったイラン戦の後半、日本代表に何が起きていたのか。選手たちの証言「打開策が全く見えなかった」【現地発】

カテゴリ:日本代表

江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

2024年02月04日

「わかってるはずだけど、ボールを蹴っちゃって」

最後は板倉(左端)が与えたPKを決められ、森保ジャパンは万事休した。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

[アジアカップ 準々決勝]日本 1-2 イラン/2月3日/エデュケーション・シティ・スタジアム

 よもやの完敗だった。

 日本代表は2月3日に開催されたアジアカップの準々決勝でイラン代表と対戦。28分に守田英正のゴールで先制したものの、55分に被弾。後半アディショナルタイムに板倉滉がPKを献上し、1-2で敗れた。

 後半、同点に追いつかれてからは勢いに乗るイランの攻撃に防戦一方となり、執拗にロングボールを蹴ってくる相手のパワーと迫力に圧倒された。

 アジア屈指のタレント軍団に何が起きていたのか。キャプテンのMF遠藤航は「後半の入りは悪くなかったんですけど、追加点のチャンスが1個、2個あったところで決めきれなかった。1失点したのも、やられる雰囲気があったわけじゃないですけど、セカンドボールを拾えなかった」と話し、“対応力不足”を問題点に挙げた。

「その後は、相手も勢いを持ってきていたし、かなりラフに長いボールを対角に入れたりとか、それで何かを起こそうみたいな戦いではあった。対応的には、僕も後(最終ライン)に入って数的優位を作ろうとしたんですけど、逆に、セカンドボールを拾えなくなったりみたいなところがあったので。自分も色々と気を使いながらやっていたつもりですけど、そこら辺の対応力と言うのはまだまだ、日本には求められるのかなと思います」
 
 右サイドハーフの堂安律は、「バックパスが増えた中で、前につけられるのに下げて相手に押し込まれてロングボールとなって、高さは相手の方が有利なのに、それもわかってるはずだけど、ボールを蹴っちゃって、セカンドを拾われるみたいな。セカンドボールも集中しようって中でほとんど奪われて、みんなが理解してたはずなのにやられたっていうのは、何から来るのかわからないですけど、負けに値したゲームだと思います」と指摘。心身とも後手に回っていたと明かす。

「前半はおそらく身体も動いていた中で、セカンドボールの球際も勝っていた。後半は、ずるずるずるずる行ってしまったってところと、失点の仕方がちょっと悪くてメンタル的にもダメージがきたのかなと。そこで普段は動けるはずが、脳からちょっとダメージが来て、ちょっとずつまた動かなくなったというのは感じてますし、攻撃もボール持った時に打開策が全く見えなかった。もう後半は本当に情けないゲームでした」

【PHOTO】日本代表のイラン戦出場15選手&監督の採点・寸評。後半は何もできずに敗戦。及第点は2人のみの低評価
【関連記事】
「敗因は自分」「ピッチに立つ資格がない」痛恨PK献上の板倉滉が謝罪。試合終了後は一人で即ロッカールームへ【現地発】
【日本1-2イラン|採点&寸評】後半は何もできずにあえなく敗戦。全選手が当然の及第点以下。痛恨PK献上の板倉滉と共に4点台にしたのは…
【セルジオ越後】イランに後半は手も足も出ず完敗。ドイツやスペイン相手の勝利は消えたようなもの。やり直すために実力を認めるしかないよ【アジア杯】
アズムンの涙を見たか。“史上最強”と謳われた日本代表に足りなかったメンタリティ。タレント力で勝てるほどアジア杯は甘くなかった【現地発コラム】
「あまり言いたくないんですけど...」冨安健洋はイラン戦敗北をどう受け止める? チームの“熱量”にも言及「僕も含めて後半は特に感じられなかった」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ