• トップ
  • ニュース一覧
  • 「敗因は自分」「ピッチに立つ資格がない」痛恨PK献上の板倉滉が謝罪。試合終了後は一人で即ロッカールームへ【現地発】

「敗因は自分」「ピッチに立つ資格がない」痛恨PK献上の板倉滉が謝罪。試合終了後は一人で即ロッカールームへ【現地発】

カテゴリ:日本代表

江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

2024年02月04日

「局面局面で全然戦えてなかった」

イラン戦で精彩を欠いた板倉。写真:サッカーダイジェスト(現地特派)

画像を見る

 試合終了のホイッスルが鳴ると、日本代表の4番は一人ロッカールームへと引き上げた。

 2月3日に開催されたアジアカップの準々決勝で、日本代表はイラン代表と対戦。1-2で敗れた。

 28分に守田英正のゴールで先制するも、55分に被弾。これで流れを引き渡すと、終了間際に板倉滉がPKを献上し、逆転負けを喫した。

 試合後、ヘディングをかぶるミスをしたうえに痛恨のPKを献上した板倉滉は、「本当に申し訳ない気持ちですね。チームメイトもそうですし、日本から応援してくれてる人もたくさんいたと思うので。ほんとに今日の敗因は自分にあると思うし、自分がもっといいパフォーマンスをすれば。非常に申し訳なく思ってます」と謝罪した。

【PHOTO】日本代表のイラン戦出場15選手&監督の採点・寸評。後半は何もできずに敗戦。及第点は2人のみの低評価
 
 PKを献上したシーンについては、「まず1個前の時点でクリアできればよかったという思いはありますし、映像を見てみないとわからないところもありますけど、後ろから走ってきた相手をちゃんと見えてなかった。そこの視野の狭さを反省しないといけない」と振り返った。

 そのPKだけでなく、競り負ける場面が度々あった27歳は、24分に受けたイエローカードの影響を問われると、「もちろん早い段階だったので、そこから自分を難しくしてしまったというのは確実にあると思います。ただそのなかでも、局面局面で全然戦えてなかったし、最後のところも、その前の失点も、全部自分のところからだと思うんで、非常に責任は感じます」と猛省した。

 そして、「コンディションの問題はあったか?」という質問にはこう答えている。

「ピッチに入ったら正直、そんなの関係ないと思いますし、中2日というのは相手も同じ条件で戦っている。そのなかでああいうパフォーマンスをしている時点で代表選手としてピッチに立つ資格がないっていうのは、自分自身、強く感じたし、もっと責任感をもって、やりたいなと思います」

 コンディションが万全でないなか、中2日は厳しかったのか。まるで別人のように精彩を欠いた。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【厳選ショット】終了間際に痛恨の失点…。難敵に逆転負けを喫し優勝の夢潰える|アジアカップ準々決勝 日本1-2イラン

【記事】なぜ乱調気味の板倉を交代させなかったのか。前田の交代も裏目に。イラン戦での森保監督の采配は批判されて当然だ【コラム】

【記事】「韓国と比べれば違いは歴然!」ベスト8で敗退した森保ジャパンの“弱点”を中国メディアが大胆指摘!「あれだけ怠けていたら負ける」【アジア杯】
 
【関連記事】
イラン戦の明暗を分けたのはベンチの戦略。指揮官は板倉に救いの手を差し伸べず、ただ見守ってプレーを続けさせるだけ...【アジア杯】
【セルジオ越後】イランに後半は手も足も出ず完敗。ドイツやスペイン相手の勝利は消えたようなもの。やり直すために実力を認めるしかないよ【アジア杯】
【日本1-2イラン|採点&寸評】後半は何もできずにあえなく敗戦。全選手が当然の及第点以下。痛恨PK献上の板倉滉と共に4点台にしたのは…
「僕が大きく蹴っていれば…」冨安健洋、お見合い→板倉滉がPK献上を回想「僕の責任。ハッキリやるべきだった」【アジア杯】
アズムンの涙を見たか。“史上最強”と謳われた日本代表に足りなかったメンタリティ。タレント力で勝てるほどアジア杯は甘くなかった【現地発コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ