• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後】イランに後半は手も足も出ず完敗。ドイツやスペイン相手の勝利は消えたようなもの。やり直すために実力を認めるしかないよ【アジア杯】

【セルジオ越後】イランに後半は手も足も出ず完敗。ドイツやスペイン相手の勝利は消えたようなもの。やり直すために実力を認めるしかないよ【アジア杯】

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月04日

過剰なポジティブ思考。図に乗っていたのではないかな

日本はイランに力負け。まだまだ、足りない面がある。写真:サッカーダイジェスト(現地特派)

画像を見る

 アジアカップの準々決勝・イラン戦で日本は1-2で敗戦。準々決勝で敗退した。

 森保ジャパンは前半、ある程度イランと対等に戦えたけど、後半は圧倒された。相手のサイドからの仕掛けに手も足も出ず、完全に受け身になってしまった。

 攻撃では、相手が前からプレスをかけると自陣から出られなくなってしまった。全ての面で完敗だったと言っていいだろう。スコアだけ見れば1-2で僅差だけど、内容ではもっと差があったように見えた。

 フィジカルはもちろん、技術でも上回れなかった。例えば、攻撃の際にボールを収められるアタッカーが日本は上田だけだったのに対し、イランには身体が強くヘディングが得意な選手が2、3人もいた。

 中東のカタール開催だからか、「完全アウェー」といった環境面での不利を強調する声もあった。でも、日本と同じ東アジアの韓国は、ラウンド16で中東のサウジアラビアを下している。勝てばアウェーがどうとかの話はなくなるものだ。 

 相手への歓声が大きいとは言っても、世界的な大舞台とはそういうもの。サッカー選手にとって、大観衆の中で試合ができるのは幸せだ。慰めにはならないよ。

 チーム編成も、反省が必要ではないか。怪我のため調整が遅れていた三笘を招集したけど、結局、切り札としては使いきれなかった。伊東の離脱はチームに責任はない。ただ、敗退の言い訳に利用するのは違うと思う。

 大会前から気になっていたのは、過剰なプラス思考、ポジティブ思考だ。厳しい言い方になるけど、図に乗っていたのではないかな。
【PHOTO】日本代表のイラン戦出場15選手&監督の採点・寸評。後半は何もできずに敗戦。及第点は2人のみの低評価
 日本が最後にアジアの頂点に立ったのは2011年。その後の2大会では優勝できなかった。チャレンジャーとして臨むべきだったのに、今大会初戦までの「国際試合10連勝」や、「世界の強豪とも戦える」といった前向きな声が出過ぎていたように思う。

 10連勝にはドイツなどの強豪も含まれていたけど、明らかな格下の国もあった。メディアも含めて、日本の力を過大評価し過ぎていたと思う。どんな相手に10連勝したのか、冷静に見るべきだったのではないかな。

 アジアのレベルを考えると、日本にとって悲願のワールドカップ準々決勝進出が可能なほどの実力を示すためには、今大会は優勝がマストだった。それなのに、まさかベスト8で負けるとは…。本当に痛いし、しっかり反省してこれからに活かさないといけない。

 今後、省みるチャンスが少ないのが心配だ。次回のワールドカップは、出場国枠が拡大される。アジアは従来の「4.5」から、「8.5」まで増える。よほどのことがない限り、日本も本大会に出場できるだろう。

 アジア予選で格下相手に大勝して、実力は変わっていないのに強くなったと勘違いしてワールドカップで敗退する。そんなことになってからでは遅い。

 だからこそ、今は「アジアでベスト8」という現実をしっかりと受け止めるべきだ。今回の敗退で、ワールドカップでのドイツとスペイン相手の勝利は消えたと考えたほうが良い。

 日本代表は出直しだ。まだまだ、足りない面がある。やり直すためには、今の実力を認めるしかない。

【著者プロフィール】
セルジオ越後(せるじお・えちご)/1945年7月28日生まれ、78歳。ブラジル・サンパウロ出身。日系ブラジル人。ブラジルではコリンチャンスやパウリスタなどでプレー。1972年に来日し、日本では藤和不動産サッカー部(現・湘南ベルマーレ)で活躍した。引退後は「さわやかサッカー教室」で全国を回り、サッカーの普及に努める。現在は解説者として、歯に衣着せぬ物言いで日本サッカーを鋭く斬る。

【記事】「後半どうした!?」「板倉狙われてたな...」日本のイラン戦逆転負けにファンの反応は?「本番で勝たなきゃ!」【アジア杯】

【記事】「衝撃! 日本が沈没した!」イランに逆転で敗れ去った森保ジャパンに韓国メディアも驚愕!「最後の最後で守備がパニックを…」【アジア杯】

【PHOTO】スタジアムを華やかに彩る! アジアカップを盛り上げる美女サポーターを特集!
【関連記事】
イラン戦の明暗を分けたのはベンチの戦略。指揮官は板倉に救いの手を差し伸べず、ただ見守ってプレーを続けさせるだけ...【アジア杯】
「後半どうした!?」「板倉狙われてたな...」日本のイラン戦逆転負けにファンの反応は?「本番で勝たなきゃ!」【アジア杯】
「衝撃! 日本が沈没した!」イランに逆転で敗れ去った森保ジャパンに韓国メディアも驚愕!「最後の最後で守備がパニックを…」【アジア杯】
【日本1-2イラン|採点&寸評】後半は何もできずにあえなく敗戦。全選手が当然の及第点以下。痛恨PK献上の板倉滉と共に4点台にしたのは…
「あまり言いたくないんですけど...」冨安健洋はイラン戦敗北をどう受け止める? チームの“熱量”にも言及「僕も含めて後半は特に感じられなかった」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ