• トップ
  • ニュース一覧
  • 世界随一の「リベロGK」はこうして誕生した!「サイドバックとしてはスピードとスタミナが不足していたが…」マンCの守護神エデルソンのルーツを探る

世界随一の「リベロGK」はこうして誕生した!「サイドバックとしてはスピードとスタミナが不足していたが…」マンCの守護神エデルソンのルーツを探る

カテゴリ:ワールド

沢田啓明

2024年02月26日

GKへのコンバートを最初は嫌がった

ロジェリオ・セニに憧れていた10代の頃のエデルソンは、トレーニング後に連日、FKやフィードの個人練習を重ねていたという。(C)Getty Images

画像を見る

 フィールドプレーヤー顔負けのボールスキルにフィード技術、ミスを恐れないハートの強さを武器に、ペップ・グアルディラオ率いるマンチェスター・シティのフットボールを最後尾で支えるエデルソン。ブラジルで育まれた“リベロGK”のルーツを探る。
 
―――◆―――◆―――
 
「サンパウロの西に隣接する商工業都市オザスコの貧しい家庭に生まれたエデルソンは、3人兄弟の末っ子で、ブラジルの多くの子どもと同様、物心がつく頃から路地や広場で近所のサッカー仲間とボールを蹴り始めた。同年代の中ではつねに大柄だった。
 
 8歳のとき、市が運営するフットボールチームに加入。最初は左SBだった。当時の監督だったジッバは言う。
 
「左足のボール扱いが上手く、センスを感じさせた。ただ、サイドバックとしてはスピードとスタミナが不足していて、攻撃に参加すると戻ってこられない。そんな課題を抱えていた。さすがにこれでは務まらないので、体格を考慮してゴールキーパーにコンバートしたのさ」
 
 この決断が大正解だった。
 
「エデルソン本人はコンバートを嫌がった。ブラジルでは『フィールドプレーヤーが務まらない下手な奴がやるポジション』という悪いイメージがあるからね。でも、ゴールキーパーの基礎だけを教えて紅白戦に出したところ、いきなり好セーブを連発したんだ。しかもフィードが素晴らしく、攻撃の起点にもなれる。ほどなくしてレギュラーを掴んだよ」
 
 小学校のフットサルチームでもGKを任された。決定的なシュートを跳ね返しながら、機を見たドリブルで持ち上がって決定的なパスを出したり、ロングシュートを叩き込んだりと大奮闘。リベロGKとしての才覚は、この頃から突出していた。
 
 名門サンパウロFCのスクールに入ったのが11歳。「優秀な若者にはアカデミーの入団テストを受けるチャンスを与える」が、スクールのいわば謳い文句だった。
 
 エデルソンの地元の友人で、ともにサンパウロFCのスクールに通ったセベーロは、当時のハードな日々をこう振り返る。
 
「練習は週3回だけど、朝5時に起きてバスを3本乗り継いでトレーニング場まで通うんだ。練習が終わるとまたオザスコまで戻って、小学校に登校する。もうヘトヘトだったよ」
 
 その頃のエデルソンのアイドルは、サンパウロFCに所属していた元ブラジル代表のロジェリオ・セニ。GKでありながら直接FKの名手で、15年の引退までキャリア通算103ゴールを挙げた異色の守護神だ。そんなレジェンドに憧れたエデルソンは、チームトレーニングが終わると連日、FKやフィードの個人練習を積んだ。
 
 08年、14歳でサンパウロU-15のテストを受けて合格。以降、本気でプロを目指すようになる。だが、順風満帆には進まなかった。U-15で味わったのは、ベンチを温める辛く苦しい日々だった。
 
 迎えた09年12月、クラブ関係者から自宅に一本の電話がかかってきた。対応した母親に告げられたのは、次の言葉だった。
 
「残念ですが来年、クラブに息子さんの居場所はありません」
 
 ブラジルのアカデミーは、毎年末に誰をチームに残すか、退団させるかを決めるのが通例だ。母親から電話の内容を聞いて真っ青になったエデルソンは、自身の部屋に閉じこもり、一日中、泣き続けた。
 
 後にエデルソンは、当時の辛さをこう述懐している。
 
「せっかく名門クラブのアカデミーに入って、セニのような名ゴールキーパーになるぞと思って一生懸命にトレーニングに励んでいたのに……。わずか2年で退団だからね。プロになる夢が潰えたと、目の前が真っ暗になった。しばらくは練習どころかボールを見るのも嫌だった」
 
【関連記事】
「アジア人差別エグい」2年前の南野拓実に続いてまた...遠藤航が優勝カップを掲げる寸前に現地中継カメラが“切り替え”。ネット騒然「またやったのか」「酷いね」
ネイマールの次の移籍先候補が浮上「会長、背番号11を用意してください!」。報酬を肩代わりしてくれるスポンサーを見つけられるかが鍵に【現地発】
「明らかに穴が空いてしまった」三笘薫の故障欠場は痛恨!複数の海外メディアが指摘「また創造性を出せる選手が奪われた」
バルサの黄金期と昨季のシティ、どっちが強い? アンリにそう問われたペップの答えは――
創設60周年!ブンデスリーガの南米ベストイレブン「超絶技巧を駆使した魅惑の天才」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ