• トップ
  • ニュース一覧
  • 合言葉は「ブラボー」。ポポヴィッチ新監督が鹿島にもたらす新風。要求はシンプルで、矢印は常にゴールに向けられている

合言葉は「ブラボー」。ポポヴィッチ新監督が鹿島にもたらす新風。要求はシンプルで、矢印は常にゴールに向けられている

カテゴリ:Jリーグ

河治良幸

2024年01月17日

1回のセッションで80ブラボー

鹿島を率いるポポヴィッチ監督。タイトルから遠ざかる“常勝軍団”を再建できるか注目だ。写真:河治良幸

画像を見る

「ブラーボー!」

 鹿島アントラーズの練習後、ミックスゾーンで他選手を取材している時に、こちら側にそう呼びかけてきたのは鈴木優磨だ。つまりは“ポポさん”ことランコ・ポポヴィッチ新監督の声を真似ているのだが、本当にそっくりで、一瞬そこにポポヴィッチ監督がいるのではないかと疑ってしまったほどだ。

 嬉しそうな表情で声真似をする鈴木を見るだけでも、いかに雰囲気が良いか伝わってくる。「ブラボー」と言えば、カタール・ワールドカップの時に長友佑都が全国区で流行らせたイメージはあるが、元々は北海道コンサドーレ札幌の“ミシャ”ことミハイロ・ペトロヴィッチ監督が広島時代によく使っており、その影響からか、ミシャと縁のある横内昭展監督(ジュビロ磐田)も代表コーチ時代からよく使う。

 そのミシャとは犬猿の仲とも伝えられるポポヴィッチ監督が、同じく「ブラボー」を使っているのは興味深いが、ポポヴィッチ監督ほど練習中に「ブラボー」を連発する監督もいないのではないか。

 筆者が取材した直近の2日間でも、1回のセッションで80ブラボーぐらい耳にした。そして良いプレーが繋がった時は「ブラボー・コンボ」が発動し、最後は「カンペキ!」で締めくくるのだ。

 安西幸輝にポポヴィッチ監督から「ブラボー」が出る基準を聞いたところ「分かんないです」と満面の笑みで答えてくれた。
 
 そして、さすがは“安西先生”ということで、適任者を探してみる。いた。仲間隼斗だ。柏レイソルの下部組織で育ち、ロアッソ熊本、カマタマーレ讃岐、ファジアーノ岡山、そして柏から鹿島に行き着いた叩き上げのアタッカーは「みんな薄々は感じてると思います」と語る。

「ポポさんのイメージするテンポだったり、ダイナミックさだったりが何人かで繋がった時に、そういった声は出てるので。そういうのが好きなのかなとか、そういうのがやっぱりポポさんのイメージなのかなと、みんな汲んでいるところはあると思う」

 ポポヴィッチ監督の声かけや、町田時代も一緒だった塚田貴志通訳の言葉を聞いても、要求は本当にシンプルだ。もちろんチームの指導も間もないということもあるかもしれないが、複雑な要求は何もしない。

 その代わり、チームによってはシーズン中でもなかなか見ないようなスピード感とテンポでボールも人も動くのだ。

 攻撃の矢印は常にゴールに向けられているが、決して縦一本にこだわるのではなく、しっかりとボランチやセンターバックも使って、左右中央と幅広く攻撃方向が共有されていく。

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
【関連記事】
田中碧、鎌田大地の選外で一気に期待感が高まった佐野海舟。急成長ボランチがアジアカップで求められるもの
「伊東純也のようなスタンスを身に付けてほしい」ブレイクの兆しが窺える鹿島のアタッカーは「日の丸を背負って立てる潜在能力と野心を秘める」
「カッコ良すぎる」「好きかも」鹿島、来季の“チェック柄”新ユニに反響! 10年前のデザインからインスピレーション
鹿島が24年の新背番号を発表! 31歳MFの“10番”復活にファン歓喜「そうこなくっちゃ」「やっぱりしっくりくる」
「ベルギーとかは駄目。主要リーグじゃないと...」鈴木優磨が海外挑戦を本音で語る!「鹿島と逆。急に個人のためにって」【2023総集編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ