• トップ
  • ニュース一覧
  • 森保ジャパンには油断があった。ピッチ内に響き渡った「ボールを見ろ!」の怒号。ベトナム戦の失点はどこか罰を受けたようで...【アジア杯】

森保ジャパンには油断があった。ピッチ内に響き渡った「ボールを見ろ!」の怒号。ベトナム戦の失点はどこか罰を受けたようで...【アジア杯】

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2024年01月15日

こんなはずではなかったシーソーゲーム

日本はアジア杯初戦で苦しみながらもベトナムに勝利を収めた。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

[アジアカップ グループステージ第1節]日本 4-2 ベトナム/1月14日/アル・トゥママ・スタジアム
 
 1月14日に行なわれたアジアカップのグループステージ初戦、ベトナム戦を迎えた日本代表は一時、1-2とベトナムにリードを奪われながらも、南野拓実と中村敬斗のゴールで逆転に成功。最終的に4-2で勝利を飾った。
 
 こんなはずではなかった、シーソーゲーム――。

 FIFAランキング17位と94位のチームの試合とは思えない、大苦戦を目の当たりにし、筆者の頭には一昨年のカタールW杯グループステージの初戦、アルゼンチン対サウジアラビアが思い浮かんだ。当時、世界的な強豪を2-1で下す金星を挙げた後、サウジアラビアのエルヴェ・ルナール監督は語っていた。

「ワールドカップにきたら自分を信じなければならない。ベストなモチベーションで戦うのは当たり前。ノーマルだ。ただし、アルゼンチンはロイヤルチーム。ブラジルと対戦するのと全く同じモチベーションでサウジアラビアと戦うわけではない。それもまた、ノーマルだ」
【PHOTO】日本代表のベトナム戦出場16選手&監督の採点・寸評。4発勝利も6人に5点台の厳しい評価。MOMは2G1Aの8番
 だって人間だもの。ベトナムが素晴らしいパフォーマンスを見せたのは間違いないが、日本にも油断はあった。特に序盤、先制した後だ。日本陣内の右サイドでベトナムがスローインを得たとき、日本の切り替えは遅く、「ボールを見ろ!」という怒号がベンチやピッチ内で響き渡った。直後のCKで1-1となる同点ゴールを許したが、その場面も同様に声が飛んでいた。

「ボールを見ろ!」と声が出るのは、ボールを見ていないからだ。集中を促さなければまずいと、日本側が浮き足立つ油断があったのは確かだ。失点はベトナムのサインプレーと、10回やって1度決まるか決まらないかの偶発的精度にも起因するが、どこか日本が罰を受けたようでもある。

 優勝候補と目されてアジア杯に乗り込んだが、日本もまた、ノーマルだった。思い返せば、カタールW杯で優勝したのは初戦で苦しんだアルゼンチンである。今大会の日本も、この大苦戦を良薬に、優勝候補ではなく優勝するチームに変貌したいところだ。
 
【関連記事】
まさかの苦戦。日本代表に何が起きていたのか。選手が次々に口にした“想定外の事態”「正直、予想以上だった」【アジア杯】
なぜ森保Jはセットプレーから2点を奪われたのか。失点関与のキャプテン遠藤航が明かした問題点。「ユキナリに話はした」【アジア杯】
森保ジャパンを苦しめたトルシエ監督の指導哲学は健在。懐かしい“フラットスリー”を彷彿とさせた【アジア杯】
「結局日本が強すぎた」トルシエ・チルドレンが大善戦に手応え!一方で守護神はHT直前の選択を猛省「蹴らなければ…」【アジア杯】
「“ドーハの惨事”を避けた」日本の苦戦ぶりを韓国メディアが相次ぎ報道!出場後に即アシストの久保へは称賛「ガンイン、見ているか?」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ