• トップ
  • ニュース一覧
  • 決勝でも下級生で唯一のスタメン。選手権制覇に貢献した青森山田DF小沼蒼珠は“3冠”に意欲「2年生と1年生に、しっかり伝えていきます」【選手権】

決勝でも下級生で唯一のスタメン。選手権制覇に貢献した青森山田DF小沼蒼珠は“3冠”に意欲「2年生と1年生に、しっかり伝えていきます」【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年01月10日

「夢から逆算して、今できることを後悔が無いようにやり切る」

攻守両面でタフに戦った小沼。驚異的なロングスローでも注目を集めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権 決勝]青森山田(青森)3-1 近江(滋賀)/1月8日/国立

 第102回高校サッカー選手権で頂点に立ったのは、青森山田。決勝で近江を3-1で下し、2大会ぶり4度目の優勝を果たした。

 10番を背負うMF芝田玲、5ゴールを挙げて得点王に輝いたFW米谷壮史、190センチのサイズを武器に高さで圧倒したDF小泉佳絃など、最上級生にタレントがずらりと揃うなか、2年生DF小沼蒼珠の存在感も際立っていた。

 ファイナルの舞台でも下級生で唯一、スタメン出場。定位置の左SBで対人の強さを見せれば、精力的なアップダウンを繰り返し、攻撃に厚みをもたらす。自慢のロングスローでも魅せた。

 優勝がかかる大一番でも浮足立つことなく、いつも通りにプレーできたという。

「監督やスタッフから『想定内を作っておけ』とずっと言われていました。失点も想定内でしたし、観客がたくさんいるのも想定内。だから『やばい』と思ったり、プレッシャーを感じることなくプレーできました」

 驚異的な飛距離を誇るロングスローは、大会を中継していた日本テレビで“小沼キャノン”と命名された。高校入学に備えて磨いたものだという。

「山田に入るなら、一つの武器は持っておいたほうが良いと思い、入学が決まってからロングスローを練習しました」
【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新19代目の藤﨑ゆみあまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
 これまで重ねてきた努力に、揺るぎない自負がある。「夢から逆算して、今できることを後悔が無いようにやり切る」がモットーだ。

「筋トレをしているからこそ、1対1の場面では負けられないし、たくさん走っているからこそ、走力では負けられない。やるべきことをやってきたから、ちゃんと積み上げているから、今があるんだ、という自信に繋がっています。緊張した場面でも、積み上げてきたと思ってプレーしていました。日本一の努力をしてきたらこそ、日本一があると思っています」

 その成果を実感する。「サイド際の対人、奪ってからの速攻のスプリント、運動量は全国でも通用すると分かったので、自信になりました」。

 上級生に囲まれての選手権制覇に、新たな決意も芽生えたようだ。

「こんな素晴らしい経験をさせてくれた3年生には、感謝しかないです。この経験をしたからこそ、来年、もう1回このピッチに立ちたいという思いは、人一倍強いです。スタンドにいる2年生と1年生に、しっかり伝えていきます」

 来季の目標には、インターハイ、プレミアリーグ、選手権の“3冠”を掲げ「変わらず、しっかり積み上げて、誰よりも努力して、また決勝に戻ってきたいです」と言葉に力をこめた。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

【厳選ショット】後半に圧巻の勝負強さを発揮!3ゴールを奪い、2年ぶり4度目の優勝!|選手権決勝 青森山田3-1近江

【選手権】取材ライターが選ぶベストイレブン!“カオス”を生み出した金山耀太、技巧派ながら守備も一生懸命の芝田玲らを選出

大人顔負けのサッカーで近江を下して栄冠。青森山田はこの先もしばらく高校サッカー界のドンであり続けるだろう【選手権】
 
【関連記事】
【選手権】取材ライターが選ぶベストイレブン!“カオス”を生み出した金山耀太、技巧派ながら守備も一生懸命の芝田玲らを選出
大人顔負けのサッカーで近江を下して栄冠。青森山田はこの先もしばらく高校サッカー界のドンであり続けるだろう【選手権】
2戦無得点も決勝で勝ち越し弾!得点王の青森山田FW米谷壮史、黒田前監督の言葉で奮起「気持ちを切り替えられた」【選手権】
「これってゴール?」青森山田の“ロングスロー弾”に反響「判定は理解できる範囲」「キーパーの安全が保証されるべき」【2023総集編】
就任1年目で選手権制覇!青森山田の正木監督が3年生の人間的特長を明かす。涙の理由は...「優勝よりも感動しました」【選手権】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ