• トップ
  • ニュース一覧
  • 2戦無得点も決勝で勝ち越し弾!得点王の青森山田FW米谷壮史、黒田前監督の言葉で奮起「気持ちを切り替えられた」【選手権】

2戦無得点も決勝で勝ち越し弾!得点王の青森山田FW米谷壮史、黒田前監督の言葉で奮起「気持ちを切り替えられた」【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

中川翼(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年01月09日

60分に決勝ゴール

今大会5ゴールで得点王に輝いた米谷。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権 決勝]青森山田(青森)3-1 近江(滋賀)/1月8日/国立

 1月8日に高校サッカー選手権の決勝が国立競技場で開催されて、青森山田は近江と対戦。3-1で勝利し、2大会ぶりの戴冠を果たした。

 青森山田は、33分に福島健太の右足弾で先制。47分には同点弾を許したものの、60分に米谷壮史のゴールで勝ち越しに成功。さらに70分には相手のオウンゴールで追加点を挙げた。

 チームを日本一に導く決勝点を奪った米谷は、「今日の試合は(中学から)6年間、青森山田でやってきて、自分たちの努力が報われた試合でした」と喜びを口にする。

「今大会は初戦から簡単な試合はありませんでした。スタンドで応援してくれた部員も含めて、全員のためにみんなが走り続けて、仲間を信じた結果が優勝に繋がったと思います」
【厳選ショット】後半に圧巻の勝負強さを発揮!3ゴールを奪い、2年ぶり4度目の優勝!|選手権決勝 青森山田3-1近江
 今大会5試合で5ゴールをマークした米谷は、市立船橋の郡司璃来と並んで得点王に輝いた。ただ、準々決勝の昌平戦(4-0)と準決勝の市立船橋戦(1-1、PK4-2)では無得点に終わっていた。

 そんななか、昨季まで青森山田を率いた黒田剛前監督からの言葉に励まされたことが、決勝でのゴールに繋がったという。

「(昌平戦の後に)黒田監督と話をさせてもらう機会があり、『得点王になりたい気持ちはよく分かる。でも焦らずに、まずはチームのためにプレーすれば、ゴールは奪える』と言ってもらいました。それで自分の気持ちを切り替えられました」

 卒業後は大学に進学し、プロを目ざすというストライカーは「自分はキックの精度がまだまだだと思っています。遠めからでも決められるような、もっと怖い選手になりたいです」とさらなる成長を誓った。
 
取材・文●中川 翼(サッカーダイジェストWeb編集部)

「近江のサッカー好きだなぁ」「楽しかった」無念の準優勝も、魅力的なスタイルに称賛の声!元日本代表FWも感嘆「見ている人をワクワクさせる」【選手権】

中村俊輔、中田英寿、本田圭佑...なぜ選手権から多くの“スター選手”が生まれた? 印象深いのは桝太一アナウンサーの言葉 

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新19代目の藤﨑ゆみあまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
 
【関連記事】
大人顔負けのサッカーで近江を下して栄冠。青森山田はこの先もしばらく高校サッカー界のドンであり続けるだろう【選手権】
就任1年目で選手権制覇!青森山田の正木監督が3年生の人間的特長を明かす。涙の理由は...「優勝よりも感動しました」【選手権】
「本当に痛かった」青森山田戦で近江を象徴する同点弾に絡むも、キャプテンの金山が悔やんだのは…【選手権】
優秀選手34人が決定!王座奪還の青森山田から得点王の米谷壮史ら最多7人!惜しくも準優勝の近江から5人【選手権】
得点王へ邁進! 青森山田FW米谷壮史が通算5点目で勝ち越し弾。冷静にゴールに流し込む【選手権】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ