• トップ
  • ニュース一覧
  • 国立で“二刀流”を披露!堀越の2年生DF森奏が新シーズンに向けて決意!「経験を、絶対にチームに還元しないといけません」【選手権】

国立で“二刀流”を披露!堀越の2年生DF森奏が新シーズンに向けて決意!「経験を、絶対にチームに還元しないといけません」【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年01月07日

「また戻ってくるという強い思いを持っていきたいです」

大舞台を経験した森奏が、先輩への感謝と来季への意気込みを語った。写真:鈴木颯太朗

画像を見る

[高校選手権 準決勝]近江(滋賀) 3-1 堀越(東京A)/1月6日/国立

 1月6日に開催された選手権の準決勝で、堀越は近江と対戦。11分に先制されると、13分と22分にも失点。後半アディショナルタイムに1点を返したが、1-3で敗れた。

 ファイナル進出はならなかった一戦で、“二刀流”を披露したのが、2年生DF森奏だ。センターバックでスタメン出場すると、試合終盤にはポジションをCFに変更。鋭い突破や惜しいヘディングシュートを披露した。

 試合後、森奏はFWに入った際の心境を「0-3のビハインドの状況だったので、チャンスを作るとか、点を取ることしか考えてなかったです」と振り返る。試合に勝てず、悔しさを噛みしめつつも、「自分のプレーは出せたと思います」と胸を張る。

 自身は2年生にしてチームのキーマンとなり、この試合のスタメン11人中6人が2年生と下級生主体だったが、先輩たちに感謝する。

「3年生が、ここまで連れてきてくれました。ここぞという時に、3年生が力を発揮して引っ張ってくれました」
【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新19代目の藤﨑ゆみあまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
 そして、チーム史上初の全国ベスト4、国立競技場での戦いを経験して「ここまで来た経験を、絶対に自分がチームに還元しないといけません」と決意を新たにする。

 今後は「センターバックで勝負したいです」という森奏は、FWについても「負けている時はオプションとしてはあると思います」と“二刀流”の続行を示唆。自身の売りを、こう説明する。

「センターバックではヘディング、ビルドアップ、右足の長いボール。守備対応に自信があります。フォワードならば、キープ力、ヘディング、ドリブルからのシュートを見てほしいです」

 新シーズンに向けては、「またここに戻ってくるという強い思いを持っていきたいです」と意気込んだ。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

ファイナルは青森山田vs.近江! 2大会ぶり優勝か、初戴冠か【選手権】

まともにやったら青森山田に勝てない。その思い込みを見事に砕いてくれた市立船橋の粘り強さ【選手権】

【PHOTO】全国高校サッカー選手権大会19代目応援マネージャーの藤﨑ゆみあさんも登場!全力の笑顔で入場行進!
【関連記事】
「監督、前田ってあの前田かよ!」近江の快進撃にエスパ時代の元同僚が祝福! 野洲で全国制覇の乾貴士も注目「つよー」【選手権】
「考え直したのは...」ボトムアップ方式の堀越を牽引!キャプテン中村健太が大きな責任を全うするためにしたことは?【選手権】
「健太を信頼しているからこそでした」堀越MF吉荒開仁はHT交代にも悔いなし。“ボトムアップ”による人間的な成長も明かす【選手権】
まともにやったら青森山田に勝てない。その思い込みを見事に砕いてくれた市立船橋の粘り強さ【選手権】
「高校の試合はまるでプロ」海外記者がハイレベルな選手権に驚愕!「日本は今、間違いなく最高のサッカー国だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ